悪い気を貯め込まず、良い流れを引き寄せる!洗濯で運気UPする方法

 

「掃除を怠ると悪い気が溜まっていく」なんて、聞いたことがあるのでは?“気の流れ”を読み取り、活用する風水の考え方は、実はお洗濯にも関係があるようです。流れてくる良い気をしっかりキャッチするために、どんなお洗濯をすればいいのでしょうか?風水アドバイザーの村上瑞祥さんに聞きました。 

運気がUPする洗い方

1日身につけていて汚れた服は、悪い気やけがれが溜まっているものです。洗濯することで厄を落とし、健康運や対人運がアップし、悪運を寄せ付けないようにできるのです。

対人運というのは、人間関係のことですから、たとえば婚活中の人などは出会いがあり良縁に恵まれるということもあるのです。健康で人間関係がうまくいけば、生活は楽しくなりますよね。洗濯はその運気をアップさせてくれるのです」と村上さん。

洗濯のポイントとしては、風呂の残り湯は使わず、キレイな流水で洗うこと。おふろの残り湯は、体のけがれを落とした水なので、それを洗濯に使うと、そのけがれを洗濯物に付けてしまうことになります。節約を考える場合も、せめてすすぎはキレイな水を使いましょう。

運気がUPする干し方

干すときのポイントは、洗濯物がくっつかないように余裕を持って干し、風と光にしっかりあててあげることなのだそう。

しかし、やむなく夜に部屋干しという状況になることもあるでしょう。

「その場合は電気を点灯させた部屋でエアコンや扇風機の風を当ててあげれば大丈夫です。部屋干しの際は乾きの悪さやニオイで運気が下がりそうですが、風を当てることで乾きがよくなり、防臭や抗菌効果のある柔軟剤などを使うとニオイや菌の繁殖も抑えられます」。

また干す方向によっても、アップする運気が変わるのだとか。

東方向なら健康運や人との関わり、西方向なら成功運や知力、南方向なら人気運や積極性、北方向なら財運や守勢運です」。

干す場所を変えるのは難しいですが、試してみてもいいですね。

干すときは、日差しの強い日に長時間は避けたほうがベター。実はいくら運気をアップさせたいと思ってもやり過ぎは逆効果です。どんな事でもバランスが大切。

邪気を溜めないポイント

そして、気をつけたいのは汚れた洗濯物の保管場所なのだそう。

「汚れたものは、家の中に置かないというのが一番いいのですが、毎回すぐに洗濯できるわけではありません。ポイントは、汚れものは1カ所にまとめておき、できればフタなどをして見えないようにしておくことです。そして、できるだけ、小まめに洗うように心がけましょう。汚れものが部屋中に散乱していたり貯め込んだりしているということは、悪運の呼び水になってしまうのです」。

コートやジャケット、制服など、洗濯がこまめにできないものは、リセッシュ等の衣類用除菌・消臭スプレーを使ったり、ブラッシングしたりするだけでも効果的。シーズンが終わったらしっかり洗濯やクリーニングをしましょう。

洗濯のちょっとした工夫で、運気が上がるとは思っていませんでした。どれも簡単なことなので、すぐに実行できそうです。ときどき子どもたちの汚れものが散らばったりしているので、自分はもちろん家族にも気をつけてもらおうと思います。

取材協力:風水アドバイザー 村上瑞祥さん

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事