エアコンをキレイにするなら今!エアコンまわりとフィルターの掃除

 

だんたん暖かくなってきて、暖房を使わない日も増えたのではないでしょうか?冬の間稼働し続けていたエアコンは、中も外もホコリでいっぱい。また春は雨が多く、ジメジメした日が続くと、ホコリにカビが発生することも。知らず知らずにホコリやカビを吸い込んでしまうと、体調不良にもつながります。
今回は、エアコンまわりとフィルターの掃除のコツについて、ご紹介します。

まずはフィルターのホコリを掃除機で吸い込む!

掃除を始める前に、まずはマスクをしておきましょう。ずっと掃除していないと湿気を溜め込んだホコリからカビが発生している場合があり、掃除のときに吸ってしまったら本末転倒ですからね。 まずはフィルターのホコリを掃除機で吸い込むエアコンの本体を開けたら、まずフィルターの外側のホコリを掃除機で吸い込みます。まずはフィルターのホコリを掃除機で吸い込む

掃除機にブラシがついていれば活用しましょう。こびりついているホコリを吸いやすくなります

リビング用洗剤で頑固な汚れを落とし、カビをやっつける!

掃除機で吸いとったあと、エアコン本体からフィルターを外し、汚れがひどい場合は水洗いをしましょう。

リビング用洗剤「マイペット」を水で薄めます。水2Lに対して、マイペット キャップ1/2~1杯を入れ、うすめ液を作ります。それをスポンジに含ませてこすり、よく水ですすぎます。 エアコンフィルターは「マイペット」で洗うあとは風通しのよいところで陰干しして、しっかり乾かしたら、本体に戻します。

水洗いできないフィルターもありますので、取扱説明書を確認してから掃除してください。

最後にエアコンのまわりを掃除する

エアコンと天井との隙間はホコリと湿気が溜まりやすい場所です。放置しておくとフィルター同様にカビなどの菌が繁殖してしまいます。 とはいえ、高いところは掃除しづらく、後回しにしがちです。

そこで、便利なお掃除道具「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」を使いましょう。

ホコリなどが舞う可能性があるので、換気をしながら掃除をしましょう。

エアコンの上は「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」で掃除定期的に掃除していれば、「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」の柄を延ばして、エアコン上部にたまったホコリを拭きとればOK!

吹き出し口やエアコンの外側に気になる汚れがある場合には、「かんたんマイペット」を布にスプレーして拭きとりましょう。

実は、昨年11月、エアコンの掃除をせずに使ったところ、わが家の子どもたちは2人とも風邪を引いてしまったのでした。この経験でわかったのは、「エアコン掃除を制する者は、健康を制す!」ということです。仕事も遊びも健康が第一。エアコンもこまめにキレイに、家族で健康を保ちましょう。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

面倒なエアコン掃除は、コレでOK。

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事