[ブロガーあおいさんに聞く]靴や物がたっぷり入る靴箱の利用法

玄関は家の顔とも言える場所ですが、スペースが限られているので雑然としがち。ワザあり収納で、いつもキレイをキープしておきたいものですよね。今回は、人気ブログ「My Simple Home」を運営するあおいさんに、玄関の収納術について聞きました。

子どもの靴は立てる収納で空間を有効活用

重ねることができない靴は、収納に苦労します。「わが家では、整理するごとに靴の全体量を減らすことも心がけています。使用頻度の低い靴は、今の生活やファッションに合わなかったり、長時間履くと足が痛いなどの原因があるはず」とあおいさん。あまり履かない靴は潔く手放す勇気も必要ですよね。

そして、長靴とスニーカーを同じ棚に置くと、スニーカーの上の空間が無駄だと考えていたあおいさん。そこで見つけたのが写真(下)の収納方法です。

靴箱14a

100円ショップの靴専用の収納ケースは、底がギザギザしているので滑らず、写真のように子どもの靴なら立てて2足分収納することができるそう。目からウロコですね。

玄関に外出に必要な小物類をまとめて忘れ物&遅刻防止

玄関の収納棚の上段には、出がけに必要な折りたたみ傘や靴のお手入れグッズ、雨具や虫除けスプレー、子どもの自転車用ヘルメットを入れているそう。

そして、下段(写真下)にはMUJIのシンプルなダストボックスに、長傘と掃除グッズをスッキリ収納。ちりとりや水切りワイパーは、壁に強粘着フックを取り付けて、つり下げる収納をしています。これだと、サッと取り出せて便利だとか。

靴箱1501a

砂だらけになる外遊び用おもちゃは玄関にしまうのが正解!

そして、玄関にある収納棚の中段には、子どもの砂遊びグッズをIKEAのボックスに入れて収納しているあおいさん。

靴箱1502a

中を詳しく見せて頂くと、こんな感じ。

靴箱16

海や砂場へ遊びに行くときにはこのボックスごと持ち出せば、玄関周りが砂だらけになることもありません。もう一つのボックスには、庭掃除の用具を入れているそう。

外出時に必要なものを玄関に集約させることで、出かけるときに物を探したり、慌てることがなくなりそうですね。わが家はマンションで玄関スペースが狭いので、早速真似してみたいと思います。物がスッキリ片付くと、玄関のたたきをこまめに掃除する習慣もつきそうです。

取材協力:あおいさん

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事