みんなどうしてる?タオルの収納&省スペースワザ

 

いつの間にか増えてしまいがちのタオル。どのように収納し、どのように使いこなすのがいいのでしょうか?整理収納アドバイザーの西口理恵子さんに聞いてみました。

顔拭きタオルとキッチン、トイレのお手ふきは、きちんと分けて収納

「タオルの収納は衛生面と時短を考え、使う場所を分けて収納するのが便利です。

まず顔や手を拭くタオルとキッチンで使うタオル、トイレのお手拭きに分けましょう」。

タオルph1a

「収納場所はキッチン用ならシンクの下の引き出しや開き扉。開き扉の場合、扉の内側にかごを取り付けて収納するのがオススメです」。

顔拭きとキッチン用を同じ場所に収納するなら、仕切りをしたり、別々のボックスに入れるなど工夫をしましょう。

トイレのお手ふきは、プラスチックのファイルボックスに収納。トイレ内や近くの洗面所などに収納するのもいいですね。

また「大切なのは、タオルを使う場所で分けて収納しているのがわかるようにしておくこと。家族全員がわかるようにしておくと間違えて使う心配がありません」。

バスタオルは決めた場所に収納

「バスタオルは浴室の近くに、まとめて収納します。

収納場所のサイズに合わせてたたみましょう。無駄なスペースがなくなります。輪の部分を手前になるように収納すると枚数も一目でわかりますし、見た目もキレイです」。

タオルph2a

「好みもあるとは思いますが、バスタオルを選ぶときに、薄目のものを選ぶのも収納しやすくなるポイントかもしれません」。

タオルが増えすぎないために1年に1回見直しを

「タオルが増えすぎないためにしてほしいのは、まず使う枚数を決めること。そして新しいタオルを追加するときは古いタオルをぞうきんなどにおろすことです。

わが家では基本的に1年に1回すべてを入れ替えています。古いタオルは年末の大掃除に使うようにして、新年に新しいタオルをおろして使うのです。

このようにタオルの見直しするタイミングを決めておくと、黄ばんだり、ごわごわしているものを使い続けたり、タオルが増えすぎてしまうこともなくなるはずです。

年に1回でなくても、たとえば“遇数年の4月”などと見直すタイミングを決めておくといいですね。そうすれば、いつも気持ちがいいタオルを使えますよ」。

ライター宅でも基本、手・顔拭き、キッチン、トイレ、バスタオルの収納場所は、使う場所の近くに収納しています。ただ、もらったりしたタオルを、ドンドン追加しちゃうのですぐにあふれてしまいます。タオルの見直しと枚数を決めておくのは大切ですね。

取材協力:整理収納アドバイザー西口理恵子さん

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事