夜行バス旅行を快適にするために 準備したい持ち物や工夫とは?

 

もうすぐGW!国内旅行を計画している場合、旅費が安くすむ夜行バスの利用を考えている人もいるのでは?ただし、長時間座りっぱなしの移動では、身体がツラくなることも・・・。目的地に着く前に疲れ切ってしまっては、せっかくの旅行も楽しめません。今回は、旅行ガイド「まっぷる編集部」の武者和実さんに、夜行バスでの旅行を快適にするための準備について聞きました。

お役立ちアイテム&楽ちんファッションで体の負担を軽減

夜通し座っていなければならない夜行バスでは、どうしても首や腰へ負担がかかりがち。少しでも体のツラさを和らげるには、どうしたらよいのでしょう? 「首の負担を軽減するには、ネックピローがあるととても便利です。あとは、いかに楽な格好で乗るかというのも重要です」(武者さん)。

ネックピローは100円均一などで手軽に手に入れることができるので、首用と腰用に2つ用意しておくといいでしょう。

必ず空気で膨らませるタイプを選ぶこと!そうすれば、使用後には、コンパクトに折り畳めるので荷物になりません。

また、リラックスした状態をキープするには、洋服選びも大事なポイント。ストレッチが効いたやわらかい素材やウエストがゴム仕様になったものなど、なるべく身体を締め付けない洋服がオススメです。ほかにも乾燥対策のためのマスクや携帯用スリッパを持っておくと◎。

どうしても寝付けない、そんなときのひと工夫

夜行バスは、現地の到着時間が早朝になることが多いため、移動中は早く眠りにつきたいところ。しかし、漏れてくる光や騒音などが気になり寝付けないという人も多いと聞きます。そんなときは、やはりアイマスクや耳栓など定番の快眠グッズが役立ちますが、上級者はここでさらにひと工夫加えているようです。

ハンカチまたはハンドタオルにお気に入りのアロマオイルを1〜2滴垂らせば、香りの効果でリラックスすることができます。また、スマホアプリなどを使って睡眠導入効果のある音楽を聴くのもオススメです。」(武者さん) 。

香りが強過ぎると周りの迷惑にもなるので、ほのかに香る程度がGOOD。

スマホで音楽を聴く際も、イヤホンからの音漏れや画面の明かりなどに注意しましょう。

皆が快適に過ごせるよう、消灯後は最低限のマナーを守るよう心掛けることが大切です。

アメニティ充実!女性にやさしい夜行バス

密室で長時間見知らぬ人の隣にいなければならない夜行バスでの旅行は、女性であれば特に不安に思うことがあるかもしれません。しかし最近では、女性専用バスや女性専用席が後方に設けられているバスなど、女性に配慮した夜行バスが増えているそうです。

「ブランケットやスリッパなどはもちろん、ルームウェアやミニ枕の貸し出しまでサービスしてくれる女性専用バスが登場しています。女性ならではのアメニティが充実しているので、荷物が少なくてすむのがうれしいですよね。」(武者さん) 。

さらにシャワー室やパウダールームを完備した専用ラウンジを、乗車前後に無料で利用できるバス会社もあるのだとか。 女性がより快適に過ごせるための工夫が施されたバスなら、女性のひとり旅でも安心して利用することができそうですね。

バスの中でしっかりとリラックスできていれば、旅行も気持ち良くスタートできます。最初から最後まで楽しい時間が過ごせるよう、夜行バスでの移動を予定しいる人は、ぜひ今回紹介したグッズやちょっとしたテクニックを参考にしてみてください。また、バス会社によってサービスも異なるので、予約の際にいろいろ比較してみるのもオススメです。

取材協力:まっぷる編集部

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事