[収納&コーディネートのプロに聞く]「フランフラン」で模様替えの雑貨アイデア[玄関編]

春は、新しい生活から新しいおつきあいが始まる季節。家にゲストをお招きする機会も出てきそう。そこで、長く寒かった冬から一新、インテリアから春にチェンジしませんか?今回は、人気インテリアショップ「フランフラン」の商品を使って、家の第一印象を左右する玄関周りの模様替えを、整理収納アドバイザーの中山真由美さんに教えてもらいました。

玄関マット、スリッパを春色にすれば、がらりと印象チェンジ

玄関は、「その家の顔」という中山さん。お客様だけでなく、宅配業者など、頻繁に他人の目にさらされるので、この機会に見直してみましょう。

玄関マットは、面積も大きいので、春色に変えるだけで印象チェンジしやすい箇所。スリッパもこの機会に柔らかなトーンのものに変えて、お客様をお迎えしましょう」と中山さん。

F02_a

商品情報

フランフラン「アイヴィー ルームシューズ ネイビー」(2,592円)、「シェダー マット ネイビーxアイボリー」(2,700円)、「プラナス ルームシューズ ライトピンク」(2,376円)、「シェダー マット グレーxホワイト」(2,700円)

とはいえ、次のシーズンまで使わない玄関マットが家の邪魔者になってしまっては元も子もありません。 そこで、便利なのが、収納にもなるスツール。

DSC08135a

「このスツールを玄関に導入すれば、洗濯したシーズンオフのラグマットと、普段は使わない来客用のスリッパを入れておけるので便利。ブーツや長靴を履くときなどにも重宝します」。

DSC08137a

シーズンオフのマットやスリッパは、必ず除菌スプレーをし、乾かしてからしまいましょう。

商品情報

フランフラン「キリド スツール アイボリー」(12,960円)※税込

来客用スリッパは、家族の普段用スリッパと同居させないことが、普段の生活で邪魔にならず、お客様を気持ちよく迎えられる工夫なんですね。

「このスツールに入るだけしか持たない」というのも物で家を溢れさせないコツだとか。

下駄箱上や目の高さにくるディスプレイを春らしい小物に置き換え

腰上~目線までの高さは、収納の世界では『ゴールデンゾーン』と呼んで、いつも取り出しやすくしておきたいものを置くベストなゾーンなんです」と中山さん。

下駄箱や棚の上は、カワイイ小物やキャラクターグッズなどを置く人も多いかと思いますが、ごちゃごちゃしてしまうので、1枚のトレイにまとめてそのトレイだけに物を置くようにしましょう。

DSC08132a

結果的に、そのトレイ以外のものを置くのを防止でき、ごちゃつきを防げます。

商品情報

フランフラン「ラロ レクトプレート S」(1,234円)、「トロピカル ガラスプレート アップル」(648円)、「カーロ 多肉ポット ペンタゴン」(1,620円)

取り付け簡単、賃貸でもOKな壁用収納を活用する

玄関周りに棚がないというご家庭には、専用ピンを壁に差し込んで、簡単に棚を設置できるウォールストレージが便利。壁面のアクセントにもなって動きが出ますし、意外と置き場所に困る小物類を一気に引き受けてくれるので大活躍です。

DSC08129a

「玄関の棚には、油性ペン、ボールペン、印鑑、はさみをカトラリーケースに入れ、足元にゴミ箱を置いておけば、不要なダイレクトメールやチラシなど、部屋の中に持ち込むのを予防できるのでオススメです」と中山さん。

商品情報

フランフラン「ウッデン レクト カトラリーケース ホワイト」(1,620円)、「ピック ウォール ストレージ B ナチュラル/ホワイト」(4,860円)、「エデン ソラ ディフューザー パープル」(2,160円)

リビングの模様替えは、春夏、秋冬程度には行うものの、玄関まではなかなか手が回らず、年中同じ、いつも代わり映えのしない玄関でした。今回のようにリーズナブルで簡単に取り入れられる雑貨ならば、玄関の模様替え初心者にも取り入れやすいですね。

取材協力:中山真由美さん , Francfranc

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事