漂白以外も!キッチンの「除菌・消臭・ヌメリ除去」にハイター活用術

ふきんを白くするだけじゃない!排水口の消臭&ヌメリ取り、まな板の除菌&漂白、ふきんの毎日の除菌にも使えます。

油断しているとすぐに現れる、排水口やゴミ受けのヌメヌメやニオイ。見るだけで家事のモチベーションが下がります。 そんなお悩みを解消してくれるのが、「キッチン泡ハイター」と「キッチンハイター」。湯のみの茶渋や黄ばんだふきんを漂白する時に使うイメージが強いですが、実は、除菌や消臭、ヌメリ除去にも使えるのだとか。今回は、これらを使ったキッチンのお掃除術を紹介します。

「キッチン泡ハイター」で手軽に除菌・消臭・ヌメリ除去

排水口のイヤなニオイの正体は、汚れを栄養にして繁殖した細菌と、細菌が出した分泌物。できれば直接触れずにキレイに掃除したいですよね。そんなときは、「キッチン泡ハイター」が大活躍。気になる部分をスプレーで狙い撃ちできるので、手が届きにくい排水口の細部の汚れ、複雑な形状のゴミ受けにもぴったり。

<排水口の除菌・消臭・ヌメリ除去方法>

  1. 気になる部分にスプレーして約5分おく
  2. 流水で30秒以上、洗い流す

気になる部分にスプレー

こんなにスッキリ!イヤなニオイもなくなりました。

30秒以上、水で洗い流す

まな板も「キッチン泡ハイター」で除菌&漂白

さらに「キッチン泡ハイター」は、まな板や包丁などの除菌・漂白にも使えるのだとか。わが家では、プラスチック製のまな板を使用しているため、包丁でつけたまな板のキズに入り込んだ汚れが食器用洗剤だけでは落ちず、気になっていました。ここには菌が潜んでいるのだとか…。その上で食材を切っていたとは恐ろしい…。

<まな板の除菌&漂白方法>

  1. 「キッチン泡ハイター」をスプレーして5分おく
  2. 流水で30秒以上洗い流す

「キッチン泡ハイター」をスプレー

まるで新品のような白さになりました!

まるで新品のような白さ

除菌もしっかりできるから、これで料理するときも安心ですね。

菌を塗り広げているだけ!?ふきんは1日の終わりにつけおき除菌を

料理の最後には、キッチンの作業台をふきんで水拭きしてお掃除完了!という人も多いのでは?実はコレ、台ふきんについた雑菌を塗り広げているだけなんです。 濡れたまま放置した台ふきんには、菌が好む水分と栄養分(汚れ)を含んでいるため、どんどん菌が増えていきます。水洗いだけでは落とせないので、台ふきんや食器用スポンジは、1日の終わりに「キッチンハイター」を使って除菌する習慣をつけましょう。

<ふきんの除菌方法>

  1. 5Lの水に30ml(キャップ約1杯強)のキッチンハイターを入れて薄め液をつくる
  2. ふきんを入れ、約2分つけおきする(漂白の場合は約30分つけおき)
  3. 水でよくすすいで乾かす

ふきんの除菌方法

気になるニオイもすっきり。30分の漂白は時間がない時もありますが、2分の除菌なら毎日できそうです。

「除菌」「消臭」「ヌメリ除去」にも積極的にハイターシリーズを使いこなして、キッチンの気になる菌を丸ごと撃退したいと思います!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事