なかなか落ちない…電子レンジのガンコなニオイや汚れの掃除方法

水拭きしかしていなかった電子レンジ。ガンコなニオイや食べ物汚れも「キッチンクイックル」でしっかり拭き取れました。

食材を温めたり、調理したり、使わない日はない電子レンジ。利用頻度は高いものの、大雑把で面倒くさがりの性格が災いし、掃除は汚れが気になったときに水拭きする程度です。

改めて電子レンジの中を見てみると、食材の飛び散ったあとがガンコな汚れになっていて、回転皿の下もこの汚れよう…。ニオイまでついていました。こんなことではいけない!と、簡単にキレイになる電子レンジの掃除方法を実践してみることにしました。

汚れた電子レンジの内側

電子レンジのガンコな汚れには専用のお掃除用品を使おう

電子レンジには、内側だけでなく、外側も油ハネと手アカ、ホコリの汚れがついています。

いつの間にかに蓄積したレンジ横の油ハネも気になります。

わが家のようにごくたまにしか掃除せず、放置されたレンジの汚れは、水拭きだけではなかなか落ちません。

そこで、油汚れに強い「キッチンクイックル」を使って掃除をしていきたいと思います。

キッチンクイックル

外側のガンコな汚れには「キッチンクイックル」

まずは外側。 ベタベタとした油汚れがあるので、「キッチンクイックル」を使ってお掃除していきたいと思います。安全のためコンセントは抜いてから行います。

「キッチンクイックル」は、1枚で電子レンジからコンロまわり、調理台、壁まで、キッチンまるごとキレイにできるスグレモノ。植物由来成分だから、安心して使えます。

外側を拭く

お掃除方法はいたってカンタン。「キッチンクイックル」で拭き取るだけ。

丈夫な凸凹シートだから、よれずにしっかり拭き取れて、二度拭きも不要。かかる手間も時間もカットできます。みるみるキレイになって、まるで新品の輝きを取り戻したかのようです。

電子レンジ外側掃除 before after

内側はレンジでチンして汚れをやわらかくしてから拭き取る

続いて、内側を掃除していきます。

1.耐熱容器に水を入れて、レンジに入れ、2、3分加熱します。

耐熱容器に水を入れて、レンジに入れ、2、3分加熱します。

水をチンすることで、発生した水蒸気が、こびりつき汚れをやわらかくします。こびりついた汚れがやわらかくなり、掃除がしやすく!

2.電子レンジの内側も、「キッチンクイックル」を使って拭き取ります。「キッチンクイックル」は、消臭・除菌効果もあるから電子レンジ掃除にはもってこいのアイテム。

電子レンジの内側も、「キッチンクイックル」を使って拭き取ります。「キッチンクイックル」は、消臭・除菌効果もあるから電子レンジ掃除にはもってこいのアイテム。

隅っこなど、細かなところにたまった汚れは、竹串や割り箸などにシートを巻きつけて掃除するのがオススメです。

、竹串や割り箸などにシートを巻きつけて

汚れまみれだった内側もこんなにキレイになりました!

電子レンジの内側 before after

最後に洗った回転皿を置いて、完成です。

長期間汚れを放置していたので、汚れが落ちるまでに少し時間がかかりましたが、とてもキレイになり、イヤなニオイもなくなりました。

こびりついた汚れを落とすには水拭きだけではとても間に合いませんし、時間もかかるということを実感したので、これからは、「キッチンクイックル」を相棒に「汚れたら拭く」を習慣づけたいと思います!

商品情報

キッチンクイックル

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事