「千年猛暑」といわれる今年、なぜこんなに暑いの?

日中は35℃以上の猛暑で、夜になっても30℃を下回らない――近ごろは、そんな暑さもめずらしくありません。有史以来、もっとも気温が高かったと推定される西暦1000年頃の「千年猛暑」が再来した、という説も。

今年はなぜこんなに暑いのでしょうか? 

株式会社ハレックスの気象予報士・青柳愛さんに聞いてみました。

暖かい高気圧が日本列島をすっぽり覆っている

日本の夏は、暖かい空気を持った「太平洋高気圧」の強弱によって気温が変化します。勢力の強い高気圧が、梅雨明けの直後に西日本や東日本をすっぽり覆ったため、今年の夏は突然暑くなったのだとか。

しかし、太平洋高気圧は7~10日の周期で強弱を繰り返すのが特徴。それに伴って、気温もゆるやかに上下します。8月中旬からはふたたび勢力が強まっており、東日本や北日本でも厳しい暑さになりそうとのこと……。

猛暑のメリット・デメリット

猛暑が続くと、真っ先に影響が出るのは農作物。日焼けや水不足で品質が落ちてしまい、今年はレタスなどの葉物野菜が高騰しています。

私たち人間を含め、生き物は熱中症にも気をつけなければなりません。

デメリットばかりが目立つけれど、実は経済効果が見込めるという利点も。避暑地や海へ旅行したり、エアコンや夏物衣料を買ったりといった個人消費が増えるようです。

毎日とっても暑いけれど、お風呂あがりのアイスが特別おいしく感じられたりするのは、真夏のよいところ。天気予報に注意しながら、上手に猛暑と付き合っていきたいですね。

 

取材協力:青柳愛さん(株式会社ハレックス)

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事