レイングッズ購入前に知っておこう!生地の撥水加工と防水加工の違い

水をはじく「撥水」と水滴を通さない「防水」では、防水加工のほうが水を防ぐ力は強力ですが、蒸れやすいという弱点も。

雨に備えてレイングッズを購入しようと売場に行くと、「撥水」「防水」の2つの表記があって、どちらを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、撥水加工と防水加工はどう違うのか、「東京都クリーニング生活衛生同業組合」に聞きました。

撥水加工と防水加工の違いって?

一言で言えば、撥水加工は「水をはじく加工」のこと、防水加工は「水滴を通さないようにした加工」のこと。

撥水加工とは、布地の表面をシリコンコーティングし、水を玉状にしてはじく加工を指します。繊維をコーティングしても、布地の織目や編目などの隙間は塞がれないので、空気や蒸気は布面を通り抜けます。したがって、撥水加工の製品は蒸れにくいというメリットがあります。

反面、霧雨のように小さい水滴や強い雨は、布地の中まで浸透してしまうことも。完全に水をはじくことはできず、水を防ぐ力は防水加工には劣ります。

防水加工とは、生地素材そのものが塩化ビニルや合成ゴムでできていたり、生地の隙間を埋めるようにパラフィンなどでコーティングする加工を指します。水の漏れや浸透を完全に防ぎ、強い雨でも水を通しませんが、撥水加工とは違って布地の隙間がない分、空気や水蒸気も通さないので、蒸れやすいという弱点はあります。

クリーニングに出すと効果がなくなるの?

「クリーニングに出したら、水をはじかなくなった」と感じる人もいるかもしれません。実際に、撥水加工した製品は、ドライクリーニングや水洗いをすることで撥水性が低下してしまうことがあります。その理由は、洗うときに使った洗剤に含まれる界面活性剤が表面張力を下げるため。表面張力が下がると繊維の中に水が入りやすくなるので、生地が濡れやすくなります。

撥水加工の効果をキープしたいなら、クリーニング店の撥水加工サービスを利用するのをオススメします。

どんなものに撥水・防水加工がされているの?

撥水加工と防水加工が施されている主な製品は、以下になります。

  • 撥水加工:コート、ダウン、スキー・スノボウェア、レインウェア、ネクタイ、晴雨兼用の日傘など。
  • 防水加工:雨傘、レインウェア、レインシューズ、登山用リュックサック、テントなど。

レインウェアは必ず防水加工されていると思いがちですが、撥水加工の製品もあるので、買う前に確かめましょう。最近では耐水圧が表示されている製品もあり、数値が高ければ高いほど激しい水圧に耐えられる目安になります。

取材協力:東京都クリーニング生活衛生同業組合

メイン写真:Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事