ニオイが気になる、洗濯機の排水口掃除

お風呂や台所の排水口は気になっても、盲点なのが洗濯機の排水口。ニオイにも汚れにも気づきづらいので、「掃除をする」という概念すらありませんでした(笑)。ところが、洗濯機の排水口も掃除をしないと、糸くずや服についたホコリなどが固まりになって詰まり、水が流れなくなるという、衝撃的な話を聞きました。

排水口が詰まると異臭がして、最悪の場合、ニオイが逆流して洗濯物につくこともあるのだとか。そして、このニオイの一因は、排水口に潜む潜伏菌。目に見えない潜伏菌のシワザなのだそう。今回は、洗濯機の排水口の除菌掃除にチャレンジしてみました。

掃除前の準備をする

まず、洗濯機のコンセントを抜き、蛇口をしめてからホースを抜きます。

ホースの中の水がこぼれてしまう場合もあるので注意!!

排水口が奥にある場合は、洗濯機を動かしたほうがいいでしょう。 排水口周りも初めて掃除をするので、思っていた通り、年代物の汚れがたまっていました(苦笑)。

Exif_JPEG_PICTURE

排水口の目皿を回して取り、本来なら、排水トラップ、排水ガイド筒、パッキン、仕切筒などの部品を順に外していきます。

ところが、わが家は古いアパートなので、部品が劣化して固まってしまい、ここから先の部品は外せませんでした。そういう場合は無理をせず、この状態のまま掃除することにしましょう。

パイプハイターを注ぐ

 排水口内にたまっている水に、「パイプハイター 高粘度ジェル」を注ぎます。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみに、ここに水がたまっているのはニオイを防ぐためです。 5~6押ししましたが、この時点ですでに汚れが浮いています…。

後は、このまま15~30分放置しておくだけ。長時間放置しないこと。意外と、掃除は簡単です。

「パイプハイター 高粘度ジェル」のキャップでは計量すると、液が飛び出てしまうので、直接排水口に入れること。

「パイプハイター 高粘度ジェル」を使っている最中は、換気扇をつけ、手袋やメガネを着用して使いましょう。

酸性タイプの製品や塩素系の排水口ヌメリ取り剤・食酢・アルコールと混ざると有害なガスを発生するので、単独で使用すること。

排水口を水で洗い流して、終了!

30分経ったので、洗面器やボウルを使って、排水口に水を少しずつ注ぎ入れます。

Exif_JPEG_PICTURE

汚れがより落ちそうだからと熱湯を使うと、有毒ガスが発生する恐れがあるため、NG。

30分以上放置しないよう、注意してください。

泡が消えるまで水を流した後、せっかくの機会なので、排水口周りや防水トレイもブラシでこすって汚れを落としました。見てください、排水口の中の水がすっかりキレイになったのが分かるでしょうか? 掃除が終わったら部品を元通りに取りつけていきます。目皿をはめて、洗濯機のホースをつけたら終了です。

Exif_JPEG_PICTURE

洗濯機の排水口は掃除をしづらい場所にあるので、なかなか目が行き届きません。それでも、こんなにラクに掃除をできるなら、定期的にキレイにしたほうがいいかも、と思いました。きっとニオイや詰まりの予防にもなるでしょう。

商品情報

高粘度ジェルがピタッと密着して、ヌメリ・髪の毛を溶かすから、パイプ臭まで根本解決!
99.99%強力除菌でき、つまりの解消にも使える排水パイプ用洗浄剤(塩素系)※ステンレス表面での除菌率。すべての菌を除菌するわけではありません。

パイプハイター 高粘度ジェル

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事