見えない汚れがごっそり! 洗濯槽を洗ってみた

洗濯槽の汚れをごっそりとる洗い方

恥ずかしながら告白します……私、洗濯槽の掃除を3年以上もしていませんでした。 我が家の洗濯槽は、穴がたくさん空いているタイプじゃなくて、ステンレスのフラットなものなので、一見汚れていないように見えるんです。でも聞くところによると、全自動洗濯槽の裏側って、カビや水アカ汚れでいっぱいらしいです。

近々第2子が生まれることもあり、このままの洗濯槽で産着をきれいに洗えるのだろうか?という不安もよぎり始めたので、汚れがごっそり取れるとウワサの「洗たく槽ハイター」を使ってみることにしました。

sentakuso1

水に「洗たく槽ハイター」を入れ、軽く運転して放置するだけ

sentakuso2

長いこと手をつけずにいた洗濯槽の掃除ですが、やってみると方法は簡単でした!
洗濯槽に高水位まで水(ぬるま湯ならさらに効果的みたいです)をためて、「洗たく槽ハイター」を入れるだけ。
2~3分運転して「洗たく槽ハイター」を溶かしたら、約2時間放置します

2時間放置したら、汚れがたくさん浮き上がった!

sentakuso3

2時間放置した後、おそるおそる洗濯槽のフタを開けてみると……泡にまぎれて黒いカスのような汚れがびっしりと浮いているではありませんか! 謎の汚れが取れてスッキリした一方、こんな汚れをつけたままで洗濯をしていたのかと思うと、おぞましい気持ちにもなりました。でも、これで産着洗いも安心してできそうです。
その状態から標準コース(洗濯、すすぎ、脱水)で運転して、掃除は終了です。汚れが残る場合は、さらに1~2回標準コースですすぐとよいようです。

友達にもすすめたら「気持ち良く洗濯ができるようになった」と喜ばれた

ちなみに洗濯槽が穴の空いたタイプの洗濯機を使っている友人にも、「洗たく槽ハイター」を薦めてみました。
我が家とは違い、運転後のすすぎ水は一見きれいだったとのことですが、その後脱水したら、底面には汚れがびっしり……。掃除後は「気分よく洗濯ができるようようになった」と喜んでくれました。

これからはお互い、定期的に洗濯槽ケアを行おう!と誓い合いました。
みなさんも、洗濯機の中がなんだかカビ臭い衣類に黒い汚れがつく、などのことがあれば早めに「洗たく槽ハイター」で掃除することをオススメします。

商品情報

洗濯槽の水アカ・カビに 「洗たく槽ハイター

 

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事