快眠を得る自分に合った枕の選び方

枕を選ぶときは、首のカーブに沿うかどうか実際に頭をのせてみて。枕の中身は好みの素材を選べばOK。

夜ぐっすり寝るためには、枕は大きなポイントです。快眠のためにどんな枕を選ぶのといいのか、枕専門ブランド・ロフテーの杉田篤司さんに聞きました。

快眠に最適な枕の構造とは?

「人は寝ている間に20~30回寝返りをうちます。寝ている間に体を動かすことにより、睡眠段階を移行させる、体温を調整する、寝床内の温湿度を調整する役割のほかに、筋肉の緊張や疲れ解消にも役立つと言われています。だから、何度寝返りしても、中身がかたよらない構造の枕が最適です。

両サイドはやや高めで横向き寝にも対応し、首筋をやさしく支え、後頭部の丸みを自然に受けとめる工夫のされた形状の枕を選ぶのがオススメですよ」と杉田さんは話します。

工夫のされた形状の枕

自分の体に合った高さの枕を選ぼう

リラックスして立っている状態が、身体にいちばん負担が少ない姿勢。寝ているときもこの状態を保てることが理想です。そのポイントとなるのが敷き寝具と頭部・頸部の間にできたすき間です。

人の体型や頸椎弧(首の部分のカーブ)の深さなどは、人それぞれです。そこで、まずは自分に合った高さをきちんと計ることが必要になります。お店で計ってもらったり、自宅で折ったバスタオルなどで自分に合う高さを試してみたり、サイドから他の人に高さを見てもらったりするといいでしょう。

そして枕を選ぶときは、実際に頭をのせてみましょう。自分に合った高さの理想のものを選んでくださいね。自分に合った高さの枕を選び、リラックスできる姿勢を保つことが快眠につながるのです」。

枕の中身は好みの素材を選ぼう

「もうひとつ、快適な枕選びのポイントは枕の素材。自分好みで使い慣れていて体の力が抜けやすいものを選ぶといいでしょう。感触、音、香りなど素材はいろいろありますが、ご自身の好みを優先させるのがいちばんです。

夏は蒸れにくい素材のものや天然のもの、冬はぬくもりを感じやすいものが選ばれる傾向にあります。

また、ピローケースも夏はパイル素材や麻、冬はボア系やニットなどやわらかいものが人気です。枕は頭を乗せて心身を休ませるものです。妥協せず快適なものを選んで質の良い睡眠をとりたいですね」。

なかでも、杉田さんが夏にオススメする通気性の良いパイプ素材の枕は下記の2点とのこと。

ロフテー「快眠枕 やわらかめ 『エラスティックパイプ』」

商品情報

「ロフテー「快眠枕 やわらかめ 『エラスティックパイプ』」(22,000円~+税)」

ロフテー「快眠枕 かため 『剛炭パイプ』」

商品情報

「ロフテー「快眠枕 かため 『剛炭パイプ』」(16,000円~+税)」

多くの時間を睡眠に費やすのだから、その時間は快適に過ごしたいもの。翌日に疲れを持ち越さず、スッキリ起きるためにも、自分にピッタリ合った枕を選びたいですね。

取材協力、写真提供:ロフテー株式会社

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事