[収納の巣に聞く]自分に合った収納術とは?

生活していると、モノがどんどん増えて収納しきれずあふれてしまうことがままあります。今回は、主婦ライターが「収納の巣」浜口恵子さんに効率の良い収納術を聞きました。

どんな収納状態が理想なのか思い浮かべてみよう

 「収納することを考えたときに、どう片付けたいのか?どんな状態が理想なのか?など、自分が「こうしたい」という収納のゴールのイメージを思い描くところから始めるのが大切です。

PH1_01aa

どんな風に暮らしたいかを考えることで、自分に合った片付けや収納法がみつかってきます」浜口さんは話します。

モノと向き合い、分類することで”活かすモノ”を選びとろう

「いらないモノ探しはストレスフル。使うか使わないかの二者択一ではなく、『好きなモノ』『便利なモノ』など、”活かすモノ”を意識して分けてみましょう。自分なりの価値判断で分類していくと、自分にとって、そのモノの価値がクリアになりますよ」(浜口さん)

収納差し替え画像3a

”持つ”と決めたモノを、適所に配置して収納し維持しよう

 そして「分類した結果、〈持つ〉 と決めたモノたちを〈使いやすいようにどこにしまうか?〉を考えていきます。使いにくかったところを使いやすく、時間がかかっていたことを短時間でできるような収納にチャレンジしてみましょう。

SONY DSC

そのためには、それに適した収納用品を取り入れることも1つです。また、快適なしまい方は人によって違うので、自分の得意・不得意をイメージしてみましょう。ざっくり収納がいいのか、細かく仕切るのが向いているのかなど、意識するとしまい方のヒントが見つかりますよ。

あなたらしい収納方法が見えてきたら、それを維持しながらより使いやすい状態へとブラッシュアップしていくと、理想の状態に近づいていきますよ」と浜口さんは話してくれました。

収納のコツがとてもわかりやすかったです。キレイに収納されていると本当に気持ちがいいものなので、少しずつでも理想に近づけるようにがんばっていきたいです。

取材協力:収納の巣

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事