2016年クールビズのトレンドは?[女性編]

女性のクールビズは、男性に比べて自由がきく分、「きちんと感」を損なわない着こなしが意外と難しいもの。そこで今回は、「THE SUIT COMPANY」プレスの清水美加さんに、2016年のトレンドや着こなしについて聞きました。

今年買い足すなら「7分袖シャツ」と「とろみブラウス」

「暑いけど二の腕は見せたくない」「オフィスの気温が低い」など、かっちりシャツ派の夏のお悩みを解決してくれるのが「7分袖シャツ」(写真下)。 クールビズ女性01半袖シャツよりも大人っぽく見える上に、手首が出ることできゃしゃ見えも叶い、すっきりと着やせ効果も発揮してくれます」(清水さん) 。

「とろみブラウス」(写真下)は襟付きのシャツよりも、楽に着られるのに上品な着こなしが決まります。程よい落ち感や美しい光沢で、女性らしくこなれた雰囲気。 クールビズ女性04jpg 胸元にビジューが付いた華やかなものや、ストライプ柄のものなど、1枚でサマになるデザイン。家庭での手洗いも可能なので気軽に着られます。

2016年注目のコーディネート

昨年からトレンドになっている、ブラウスと同素材パンツとの「セットアップ」。ジャケットのセットアップほどかっちりしすぎないものの、上品さときちんと感がビジネスシーンにマッチします。 クールビズ女性03 「華やかなアクセサリーを合わせれば、あらたまった場面でも活躍してくれます」(清水さん)。

さらに「Tシャツ見えブラウス」(写真下)はシンプルな襟まわりで、光沢のあるやや厚手の素材ややわらかな生地感が、カジュアルになりすぎず、華やかな印象を与えてくれます。 クールビズ女性02 脇のスリットやレイヤード風の裾など、デザインにポイントがあるものを選ぶのがオススメです。

インナー選びと、お手入れのポイント

インナーでは、「胸元にマットな艶感のデシンを配したキャミソールがおすすめ。ストラップの長さが調節可能なものであれば、見せ方のバランスを選べるのでなおよいと思います」(清水さん)。

クールビズ女性05jpg

白ブラウスの場合、インナーは透けにくいベージュがマストですが、トップスから見せる場合も考え、白・黒・ベージュの3色を持っておくのがベター。

ひんやりとした肌触りを感じることができる接触冷感素材や、吸湿性・発散性に優れたものを選ぶことで快適に過ごせます。

また、この時期は、洗濯の回数も増えるため「形態安定加工のシャツや、シワになりにくいトップスを選べばアイロンがけの必要もなく、ケアも簡単ですよ」(清水さん) 。

汗汚れが多くなるので、1週間分まとめて洗濯するのではなく、こまめに洗濯をすることも覚えておきたいですね。

定番となってきた接触冷感素材などの機能性素材を味方につけつつ、きちんと感も楽しめるクールビズのアイテム。仕事の時だけでなく、プライベートでの着こなしにも応用したいですね。

取材協力:THE SUIT COMPANY

 

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事