[megruさんに聞く]本やCDをスッキリ収納する方法

本はブックエンドやファイルボックスを使ってまとめる。CDはジャンルなどで分類し、ラベルやインデックスでわかりやすく。

仕事柄、本や雑誌、CDを買うことが多く、すぐに収納場所がいっぱいになってしまうこともしばしば。「メグメグの好奇心♪♪収納インテリア」を運営する人気ブロガーのmegruさんに、本やCDの整理の仕方と使いやすい収納方法について聞きました。

整理する前に、必要かどうかを考えよう

本やCDの収納を整理するときは、

  • 読み返すことのない本、聞かなくなったCDは処分する。
  • 収納が足りないからと、すぐに収納用品を買い足さない。

本当に残しておきたいものか、いらない本やCDはないか定期的に見直すのが大切です。

雑誌などは捨てるタイミングを決めることが重要。雑誌は残したいページだけ切り取ってファイルするなど厳選すると、収納スペースを減らすことができます。

たしかに雑誌って気づくと溜まってしまうもの。捨てるルールを決めるといいですね。

本や雑誌を上手に収納するコツ

  • 本棚に本を収納する際は、ブックエンドやファイルボックスを使うと本が倒れにくくまとまりやすい。
  • 棚の下の方に重い本を収納する方が安定する。
  • キレイに見せるためには、本の高さや色をそろえる。

キレイに見せるためには、本の高さや色をそろえる。

「本棚をキレイに見せるためには、本の高さや色をそろえるといいですね。バラバラな色合いが気になるときは、ラッピングペーパーでブックカバーを作り、本の色を統一するといいでしょう」。

バラバラな色合いが気になるときは、ラッピングペーパーでブックカバーを作り、本の色を統一するといいでしょう

まんが本は、紙袋を折り込んでケースを作り、そこにシリーズごとに収納するのもオススメ。紙袋は捨てるだけという家庭も多いと思うので、再利用はエコにも良いですね。

まんが本は、紙袋を折り込んでケースを作り、そこにシリーズごとに収納するのもオススメ。

CDを上手に収納するコツ

  • CDなどはジャンルやアーティストによって分類。
  • ストッカーにまとめラベルやインデックスでわかるようにしておくとスッキリ。

ストッカーにまとめラベルやインデックスでわかるようにしておくとスッキリ

  • CDやDVDは不織布のファイルケースに入れ替えれば、コンパクトに収納できる。

本や雑誌、CDの見直しも定期的に必要だと実感。 本の高さ、ジャンルやシリーズで整理すればスッキリしそう。試してみては?

取材協力、写真提供:megruさん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事