次の衣替えで慌てない! 収納お助けアイテム

衣類の衣替えといえば、しまいきれない、どこに何があるかわからない……など、クローゼットやタンスの収納力に関するものが多いけれども、クローゼットやタンスは、大切な衣類を守るスペースであるという視点も重要なポイント。

そこで、衣類をしまう時におさえておきたい基本と、後々ガッカリしないためのお役立ちグッズを紹介します。

衣替えの前に知っておきたい基本のキ

  1. 衣類を洗濯、またはクリーニングで汚れをしっかり落とす
  2. 衣類をしまう場所を掃除・換気
  3. 衣替えは晴れた日に!
  4. 収納したら防虫剤を入れて、虫食い予防

衣類に付着した汚れは虫食いや黄ばみの原因、次のシーズンに出した時にガッカリ……なんてことになりかねないので、一度でも袖を通したものは、必ず洗濯かクリーニングしておくこと。

さらに、押入れやクローゼットのほか、衣類を収納しているケースやボックスも掃除しておくと、より防虫対策として◎。

虫は湿気のあるところが好きなので、衣替えは天気のよい日に行い、湿気も一緒に収納しないようにしましょう。

プラスで使えば次のシーズンも快適

お気に入りの服をすぐにスタメンで使うためにも、防虫剤や除湿剤、ドロワーシートなどを収納ケースに忍び込ませておくことも、防虫やニオイ対策に有効です。

最近は、おしゃれな収納お助けアイテムも増えてきているので、自分好みのビジュアル&香りを探してみるのもいいでしょう。

服を出した時にふんわり優しい香り

02-2

クローゼットやタンスの中などにしのばせることで、開けたときや衣類を取り出すときに素敵な香りを楽しめます。

こちらは、シトラスの果実にマンゴー、ネクタリンをブレンドした、フレッシュでフルーティーな香り。

好きな香りを選べば、面倒な衣替えも楽しく!

イヤなニオイやカビから防ぐ

02-1

吸着・調湿性に優れた「高温炭化木炭」が衣服に付いたニオイや湿気を吸着し、大切な衣類を快適にキープ。

クローゼットの中も快適、他の衣服へのニオイ移りも防げます。手持ちのハンガーなら、どんなタイプにもつるして使えます。

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事