[自由研究]いっしょにエコ日記を始めてみました(完結編)

夏休みの自由研究に「いっしょにエコ日記」を選んだ小学校4年生のSちゃん。当初は、ママと一緒に決めた場所に「エコタグ」をつけ、節水・節電のエコ家事をスタートしました。さらに1週間後には、家族のエコリーダーとなり、パパやママに節水・節電の注意を促すなど、エコへのモチベーションを持続させていましたが、2週間続けられたのでしょうか?いよいよ結果報告です。

2週間しっかり実践し、エコが習慣に

家族のエコリーダーとして節水・節電を促してきたSちゃん。自分が始めたことなので、率先して、エコ家事に励んでいました。

1466388233130

続けられた秘訣としては、やはり「エコタグ」の効果大。タグをつけておくと、節水・節電のポイントを忘れないようです。

1466385531388

さらに本人はもちろん、パパやママの節水・節電を「エコ日記」につけられるので、家族みんなでエコ家事のモチベーションをキープすることができました。

エコ日記の結果を自由研究まとめシートに記入

早速、2週間の結果を「いっしょにエコ日記(おうち用)」の自由研究まとめシートにまとめることにしました。

1466386476946

「エコタグ」をつけた場所の写真を撮って貼るほか、実際に家事をしているママがアドバイスしたエコタグの場所、Sちゃんが発見したエコについて詳しく記入するなど、クラスのみんなにわかりやすいように工夫しました。

1466387234063a

 

これで、夏休みの自由研究が完成!

模造紙にすべてのまとめシートを貼りました。これで宿題が完成!

1466387234063

最後に、Sちゃんに感想を聞いてみました。

「家の中で節水・節電できる部分をママと一緒に考え、『エコタグ』をつけることで毎日できるようになった。最初は、パパが水を出しっぱなしで歯みがきをしたり、ママがトイレの電気をつけっぱなしにしたりすることもあったけど、家族がだんだん協力してくれるようになり、エコ日記に色をたくさん塗れるようになって楽しくなった。これからも続けていきたい」。

ママは「子どもの自由研究がきっかけでしたが、家族全員がエコについて考えるきっかけになったので良かったです」。

「いっしょにエコ日記」の便利なキットを使って、楽しくエコを実践しながら習慣にできたSちゃん。環境に気をつけると、節約にもつながる。いいことづくめなので、今年の自由研究は、家族で「エコ日記」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事