PC周りをすっきり整理!ワイヤーネットを使ったケーブルの収納方法

PCデスクの背面にワイヤーネットをねじで取り付け、ラックを掛けてルーターやケーブルを収納すれば、床がすっきり!

あなたのご自宅ではパソコンの周り、ゴチャゴチャしていませんか?ディスプレイと本体をつなぐケーブルなどが床で絡み合っていたら、掃除しづらいですよね。刺したプラグやコンセントにホコリがたまると火事になることもあるのだとか。そこで、自作の収納グッズをつくる達人のhanaさんに、PC周りのケーブルの収納方法を聞いてみました。

PCケーブル

まずは100円ショップへ!ワイヤーグッズを購入

hanaさんによると、100円ショップで買えるワイヤーネットと、ワイヤーラックでPCケーブルをうまくまとめられるようになるんだとか。形はお店によって違うので、自分の設置したい机に合ったサイズのものを選びましょう。

100円ショップで買ったワイヤーラック2枚と、ワイヤーバスケット3つ

今回は5つ購入し、計540円!市販のケーブル収納グッズは割高なので、この金額で作れるならありがたいです。それにしても、なぜワイヤー製がいいのでしょうか?

<hanaさんが考えるワイヤーグッズの5つのメリット>

  • 軽くて丈夫
  • 色々なサイズがあるので選びやすい
  • 板で棚をつくるより、薄いのでホコリが積もりにくい
  • どこにでも吊り下げられる
  • 熱に強い

最近はいろいろなケーブルケースが売られていますが、中に熱がこもって、発火する可能性もあるかもしれません。その点、ワイヤー製のネットとラックなら、熱がこもらなくて安全なのだそう。

ケーブルやルーターの収納は、デスクの背面を利用

今まで収納グッズを自作したことのない方でも、充電式の電動ドライバー1つで簡単に作れる方法をご紹介します。

<収納スペースの作り方>

1.ワイヤーネットを背面につける

まず、ワイヤーネットの四隅、ネットの内側をネジで留めます。ネジは完全に締めてしまうのではなく、ワイヤーネットが乗っかるように数ミリ浮かすのがポイント。

ワイヤーネットを背面につける

1枚目のネットをつけたら、隣にもう1枚を同じようにネジで留めます。ネジを締めるのは、たった8か所。電動ドライバーがあればあっという間にできてしまいます。

ワイヤーネットを背面につける

ネジを打てない材質の机やネジを打つのに自信がない方は、両面テープで止めるタイプの「ワイヤーネット取り付けフック」を使いましょう。こちらも100円ショップで販売しています。

2.ワイヤーラックを引っ掛ける

ワイヤーネットを留めたら、ワイヤーラックを引っかけます。ラックはコンセントの差込口などをふさがない位置にしましょう。

机の下

これで、1時間もかからずに収納スペースの完成です。 ラックにルーターやACアダプタ、テーブルタップを収納します。長いケーブルもクルクル巻いて、ラックに収納。

これで床にケーブルが散乱せずスッキリ!掃除がしやすくなりました。ロボット掃除機を使っているご家庭でも、きっと机の奥までスイスイ通れるはず。

ケーブルだけまとめたい!そんなときも100円グッズで

応用編として、ケーブルだけを収納する方法も教えていただきました。足元に棚があるタイプの机の場合、棚にルーターなどを置いて、ケーブルのみワイヤーネットにまとめるとかなりスッキリします。

使うのは小型のワイヤーネットと、ケーブルを束ねるマジックテープ素材のケーブルバンド。 こちらも100円ショップに売っています。ワイヤーネットは机の下にネジで留めて、ここに束ねたケーブルをつけていくだけ。

ケーブルバンド

テーブルタップも床に直置きせずワイヤーネットに取りつければ、掃除もラクになります。これはテレビ周りのケーブル収納にも応用できそうですね。

パソコンにホコリは大敵ですが、ケーブルが集まっているとどうしてもホコリまみれになりがちです。床から浮かせてサッと掃除できるようにしておくと、見た目もスッキリして気持ちがよくなりました。これで作業もはかどりそうですね。

before&after

取材協力:hanaさん

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事