衣類のマークが変更に! 洗濯時に気をつけたい取扱い絵表示って?

  • card_32295_001

    2016年12月から取扱い絵表示のデザインが新しくなった

  • card_32295_002

    5つのマークと不可記号の組み合わせで表示

  • card_32295_003

    消費庁のホームページの動画で詳細が確認できる

洗濯方法や洗剤を選ぶ際に重要な衣類の「取扱い絵表示」。お買いもののときにも、自宅で洗濯できるかどうか確認してから購入する人も多いのでは。ところが、この取扱い絵表示が2016年12月に変わったこと、知っていましたか? 新しい取扱い絵表示の見方と、今までとの違いを見ていきましょう。

どうして変更になったの?

今まで日本では、欧米との文化や習慣による洗濯方法の違いから、日本独自の取扱い絵表示を採用していました。しかし、海外ブランドの進出など、輸入衣料品の増加によるファッション業界のグローバル化に対応するため、国内外で表示を統一することになったのです。

それに伴い、世界でもっとも使用されている「ISO(国際規格)」の表示記号に合わせた新しいJIS(日本工業規格)が制定され、2016年12月から新しい取扱い絵表示に。記号の種類は22種類から41種類に増え、より細かな表示になりました。

5つの基本記号と付加記号の組み合わせで表示される

取扱い絵表示

「ISO(国際規格)」に合わせた表示記号は、5つの基本記号と、強弱を示す横棒「—」や温度の高さを示す点「・」、禁止を示す「×」などの付加記号の組み合わせで表記されます。

今回は、実際に5つのマークと付加記号の一部をご紹介します。

洗濯桶のマークは、洗濯のしかたを表します。

たとえば…液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができるマークは、液温40℃を限度として、洗濯機で「ドライコース」や「手洗いコース」などの非常に弱い洗濯ができることを示しています。

塩素系および酸素系漂白剤による漂白処理ができるマークは、漂白のしかたを表します。

たとえば…塩素系および酸素系漂白剤による漂白処理ができるマークは、塩素系漂白剤も酸素系漂白剤も使用できないことを意味しています。

乾燥のしかたのマークは、乾燥のしかたを表します。

たとえば…脱水後、日陰でのつり干し乾燥がよいマークは、日陰を意味する斜線とつり干しを意味する縦線が入っているので、 日陰のつり干しを表します。

アイロンのかけかたマークはアイロンのかけかたを表します。

たとえば…底面温度200℃以下で(例:高温)アイロンがけができるマークは、底面温度200℃(高温) を限度としたアイロンがけができることを意味しています。

クリーニングのマークは、クリーニングの種類を表します。

たとえば…石油系溶剤でのドライクリーニングができるマークは、石油系溶剤によるドライクリーニングができることを意味しています。

消費者庁のホームページにある動画で確認しよう

上記5つの基本記号と付加記号の組み合わせは、 消費者庁ホームページ「新しい洗濯表示」で確認することができます。とくに、下記動画がわかりやすくまとまっているので、ぜひ見てみてください。

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13746.html

表示が細かくなった分、表示の意味を理解すれば、衣類にあった洗濯方法や洗剤、漂白剤が選びやすくなるかも!?お気に入りの衣服を長持ちさせるためにもしっかり理解して、洗濯に役立てたいですね。

※2016年12月1日以降、アパレルショップでは、従来表示の衣類と新表示の衣類が混在します(11月30日までにつくられた衣服は従来の取扱い絵表示をつけていてもよいため)。

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事