スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

[ワコールに聞く] 下着を長持ちさせる、洗濯機の使い方

傷みや型くずれを防ぐためにネットに入れ、洗濯機の設定は弱水流、ランジェリーコースで洗いましょう。乾燥機はNGです。

レースや繊細な細工のついたブラジャー。形を崩さずに長く使うためには手洗いがベストですが、忙しくてなかなか時間が取れない人も多いはず。そんなときは、洗濯機を上手に活用しましょう! ワコールの白鳥貴子さんに、できるだけブラを傷めない洗濯機の使い方をうかがいました。

手洗いの仕方もおさらいしておこう!
手洗いの仕方もおさらいしておこう!

弱水流×ネット使用が鉄則

弱水流×ネット使用が鉄則

優しく洗いたいブラジャー。洗濯機の設定は「ランジェリーコース」、ない機種は「弱水流」や「上質おうちクリーニング」などを選択しましょう。おしゃれ着用の優しく洗える洗剤を使うとなおよいとのこと。
どこかに引っかかったり型崩れしたりしないように、ブラのホックはきちんと止めてから、できるだけ厚手のランドリーネットに入れて洗濯機へ。

乾燥機をかけるのはNG!下着は伸縮性のよい素材を使っているため、ストラップやサイドのゴムが伸びてしまうなど、早く傷む原因に。
そもそも、洗濯機のコースってどんな特徴があるの?
そもそも、洗濯機のコースってどんな特徴があるの?

ショーツやガードル、キャミソールなども優しく洗おう

ショーツやガードル、キャミソールなどのブラ以外の下着も、ワイヤーや細かい装飾がある場合は手洗いがおすすめです。洗濯機を使うなら、ブラと同様にランジェリーコースや弱水流で優しく洗い上げましょう

下着は直接肌に触れて汗を吸収しているため、脱いだあとはできるだけ間を置かず、その日のうちに洗うのが長持ちさせるポイント

取材協力:株式会社ワコール

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ