ぬめりやニオイが気になるシリコンスチーマーの洗い方

電子レンジでチンしたら、そのまま食卓へ出せる見栄えの良さ。加熱時間も短く、まんべんなく火が通って、上手に蒸し料理ができる。そんな便利さから、キッチンの必需品となったシリコンスチーマー。

いいことづくめのキッチンツールですが、イマイチ洗いにくいのが欠点ですよね。

そこで、使う時にイラッとしない、シリコンスチーマーの洗い方を紹介します。

きちんと洗ったつもりでも、油がヌルつく時は?

蒸し鶏や煮魚など、まんべんなく火を通してふっくらおいしく仕上げるのが得意なシリコンスチーマー。

使ったあとは、よく洗っても、表面が油っぽく感じる人も多いのでは。

そこで、洗う前にまずやっておきたいのは、シリコンスチーマーに付着している油汚れをキッチンペーパーなどで吸い取っておくこと。

さらに、「キュキュット」などの油汚れに強い食器洗い用洗剤なら、油のヌルつきによる2度洗いも必要なく、スッキリ落とせます。

また、冷たい水よりも温かいお湯の方が汚れ落ちが良くなるので、洗いやすすぎの時にお湯を使うとよいでしょう。食器洗い乾燥機に入れる場合も、油汚れを吸い取っておくと◎。

カレーやトマトソースの色が染みついたとき、どうする?

煮込み時間も短縮できるし、何しろレンジに入れておくだけでOK、火につきっきりにならないので、カレーやトマト煮込みなどをシリコンスチーマーで作ることも多いはず。

でも、洗っても何だか色が染みついてしまうのが気になる……。

そこで活躍するのが、台所用の塩素系漂白剤。

「キッチンハイター」や「キッチン泡ハイター」を使えば、シリコンスチーマーの特徴であるカラフルな色合いを損なうことなく、カレーなどのシミをスッキリ落としてくれます。

小さなものなら「キッチンハイター」の薄め液で浸けおきしたり、「キッチン泡ハイター」を直接スプレーしてしばらく時間をおいてから、洗い流してみて。

大きなもので浸けおきしにくい時は、「キッチン泡ハイター」を直接スプレーするのもいいでしょう。

食洗機で洗うと白っぽくなる。どうしたらいい?

シリコンスチーマーが白っぽくなるのは、水道水中に含まれるカルシウムなどが乾く時にスポット状に残ってしまうから。

食器洗い乾燥機は温風で短時間で食器を乾かすために、目立ちやすくなってしまいます。

そこで、そういった“ウォータースポット”やくすみを防ぐ「食器洗い乾燥機専用キュキュット クエン酸効果」など、食器洗い乾燥機用洗剤も市販されているので、選んでもよいでしょう。

既に白っぽくなってしまった場合は、1本で除菌・消臭・くすみ落としの3つの効果がある「キュキュットクエン酸効果」で洗えば、きれいになりますよ。

商品情報

つけ置きで、すみずみまで除菌・漂白・消臭ができる台所用漂白剤(塩素系)

キッチンハイター

気がついた時に手軽に使える、スプレータイプの台所用漂白剤(塩素系)

キッチン泡ハイター

洗浄成分ミクロウォッシュが油汚れを細かく分解

キュキュット

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事