[教えてマイカジ]洗い上がりに違い!洗濯ネットの正しい使い方

ネット1枚に衣類は1着、衣類のサイズに合ったネットを使うのがシワを防ぐポイント!洗浄力の低下は直塗りでカバー!

おしゃれ着や下着を洗濯ネットに入れて洗うと、汚れが落ちきれていないときがあります。洗濯ネットで衣類をケアしながら、しっかり汚れを落とす方法はないのでしょうか?そこで、花王・生活者コミュニケーションセンターの弦巻和さんに、正しい洗濯ネットの使い方について聞きました。

Q. お気に入りのシャツだから洗濯ネットに入れたのに、洗濯機から取り出したらシワシワ…これってどうして?

本来、洗濯ネットは、洗濯時の摩擦から衣服の生地を守るとともに、洗濯物同士のからまりによる摩擦も防止します。それでもシワになってしまうのは、洗濯ネットのサイズが大きくて、洗濯している間にネットの中で衣類が動いてしまったり、1枚の洗濯ネットに衣類を複数入れて、ほかの衣類とこすれたり、からんだりするのが原因です。

洗濯ネット使用の基本

  • ネットに入れるのは〈手洗いすべきもの〉〈大切にしたいもの〉〈取扱い表示に「洗濯ネット使用」と書いてあるもの〉のみ
  • 洗濯ネット1枚に対し、衣類は1枚が基本
  • 衣類の大きさに適したネットを使い、ネットのサイズに合うようにたたんでいれる

洗い上がりが違う!洗濯ネットにシャツを入れるコツ

1.まずはシャツの大きさに合う、ネットを選びます。

まずはシャツの大きさに合う、ネットを選びます。

2.シャツの袖は前身ごろの前で交差するようにたたみ、汚れが気になる袖口の内側が見えるように開き、襟は立てます。

シャツの袖は前身ごろの前で交差するようにたたみ、汚れが気になる袖口の内側が見えるように開き、襟は立てます

3.(2)の状態を崩さないように押さえながら洗濯ネットへ入れます。

(2)の状態を崩さないように押さえながら洗濯ネットへ入れます

さすが!洗濯ネットにぴったり入りました。

洗濯ネットにぴったり入りました

このたたみ方なら汚れもしっかり落ちるし、シワシワにもなりにくいそう!これから私も実践しようと思います!

でも、袖口の汚れってこれで簡単にキレイになるのでしょうか……?

Q. お気に入りのシャツを洗濯ネットに入れて洗濯したら、袖口の汚れが落ちていませんでした。なぜ?

弦巻さんに聞いたところ「洗濯機は機械でもみ洗いのような働きをして、汚れを落としますが、洗濯ネットに入れるとどうしても洗浄力が落ちます(下図参照)」とのこと

洗濯機は機械でもみ洗いのような働きをして、汚れを落としますが、洗濯ネットに入れるとどうしても洗浄力が落ちます

洗濯ネットを使っても洗浄力をキープする方法

「襟や袖口など汚れが気になる部分は、あらかじめ洗濯用液体洗剤の原液を直塗りしてから、洗濯ネットに入れましょう」とのこと。

なるほど!洗濯ネットと直塗りの合わせ技なら服のシワを予防しながら洗浄力を落とさず洗えますね。

ここでまたひとつ疑問が…。洗濯ネットっていろいろあるけれど、素材によって変えるべきなのでしょうか?

Q. スパンコールが着いた服を洗濯ネットに入れて洗ったのに、装飾が取れてしまいました。なにがいけなかったのでしょう?

弦巻さんに聞くと、「編み目の粗いネットに入れていませんか?粗いネットは細かいネットに比べて負荷がかかるため、デリケートな衣類がダメージを受けてしまうことがあります」とのこと。なんと!たしかに編み目の粗いネットに入れていた気がします……!ここで、編み目の細かいネットと粗いネット別に使い分けるべき素材について教えていただきました。

<ネットの種類と向いている素材>

ネットの種類と向いている素材

細かいネットがないときは、装飾面を裏返しにしてネットに入れること

私は適当に選んだ洗濯ネットに2、3枚一緒に入れていました。そのため、シワをつくったり、スパンコールが取れたり、汚れが落ちなかったり…洗濯ネットの長所を生かしきれていなかったと思います。

これからは「適材適所」の洗濯ネットを使い、ネットの大きさに合わせて衣類をきちんとたたむようにします!!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事