うっかりカレーを食べこぼし!シミ抜き応急処置方法【イラスト解説】

カレーなど油を含んだシミは、ティッシュを使ってとにかく早く油分を吸わせ、ハンドソープをなじませて移しとりましょう。

お気に入りの服を着ているとき、子どもと一緒に食事をすると、不意打ちでシミがつくという悲劇に遭うことがあります。今日は長男の授業参観。新調した白シャツに2歳の次男が食べこぼしたカレーのシミを付けてしまいました。おしゃれしたときに限って、こんなことに!!どうしたらいいの?

新調した白シャツに2歳の次男が食べこぼしたカレーのシミを付けてしまいました。おしゃれしたときに限って、こんなことに!!どうしたらいいの?

油を含んだシミは、ハンドソープで応急処置

外出先でのうっかり食べこぼしは、とにかく早めに処置するのがポイント!ぜひ覚えておきましょう。

<用意するもの>

  • ティッシュ(紙ナプキン)かハンカチ
  • ハンドソープや石けん

油を含んだシミの応急処置

帰宅してからのケアは?

外出先でできるのはあくまで応急処置。帰宅したらすぐに洗濯を!普段着ならシミ部分に直接部分用漂白剤をスプレーし、すぐに洗濯用洗剤と一緒に洗濯機で洗いましょう。

ウールやおしゃれ着なら、シミ部分におしゃれ着用洗剤の原液を塗布し、洗濯ネットに入れて、洗濯機の「手洗いコース」か「ウールコース」で洗いましょう。

専用のシミ抜き剤がなくても、ハンドソープやせっけんで応急処置できるなら、外出先でもあわてずに済みそうですね!

イラスト:今井久恵

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事