流すとき、トイレのふたは閉めるのが正解!気になるトイレの除菌掃除

  • card_33971_001

    菌やウイルスの飛散を防ぐため、トイレのふたは閉めて流すのが正解です

  • card002

    トイレを清潔に保つため、便器の外側や床も除菌効果のあるシートで拭きましょう

  • card_33971_003

    用を足す前に防汚効果のある洗剤を使えば、菌や汚れが便器に付くのを予防できます

トイレを使った後、きちんと流れたか確認する意味でも、ふたは開けたまま水を流しています。周囲の友人に聞いても、圧倒的多数が同じですが、じつはこの行動、NG。
その理由について、医師で医療ジャーナリストの森田豊先生にお聞きしました。

ふたは閉めるのが正解

便器の中は、菌の温床。そのため、「トイレのふたを閉めるのはウイルスや菌を防ぐためにもとても大事なこと」なんだとか。
とくに、ノロウイルスの感染者が出た場合は、ウイルスの飛散を防ぐためにも、流す前にふたを閉めることを忘れずに。ちなみに、ふたを閉めずに流した場合、ウイルスや菌などは、2mくらい飛散することも!!

ふたを閉めずに流すと…

ウイルスや菌の飛び散り、二次汚染を防ぐには、ふたを閉めて流す習慣とこまめな掃除が大切です。また、ふたを閉めたからOKではなく、ふたの裏、便座の裏もきちんと掃除しましょう。

大切なのは掃除の順番!清潔なトイレを保つコツ

では、実際にトイレ掃除の仕方について、おさらいしていきたいと思います。 便器、便座、床など、掃除する場所が多いトイレですが、その際に気をつけたいのが、掃除する順番です。除菌効果のある掃除シートを使って、汚れの軽いところから掃除をしていきましょう。

<トイレ掃除の順番>

トイレ掃除の順番

  1. ドアノブ周辺
  2. ペーパーホルダー周辺
  3. タンク
  4. ふた・便座のおもて
  5. 便器の外側
  6. トイレの床

最後に床をキレイにすることで、除菌掃除は完了です。

最後に床をキレイにすることで、除菌掃除は完了です。

「トイレクイックルニオイ予防プラス エレガントローズの香り」を使えば、除菌はもちろん、イヤな尿のニオイも防臭してくれます。

トイレが臭う原因はマットや便座カバーかも!?ニオイを落とす洗濯術
掃除してもとれないニオイは、マットや便座カバーが原因かも!?

便器の中の掃除には、「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ツヤツヤコートプラス エレガントローズの香り」を使います。トイレクイックルと同じローズの華やかな香りがするので、面倒なトイレ掃除もウキウキとした気分で掃除ができます。

トイレクイックルニオイ予防プラス エレガントローズの香り

自動洗浄任せはNG!?いつもの洗剤で温水洗浄便座の「ノズル」掃除
温水洗浄器つきの便座、ノズルはどうやって掃除すれば良いの?

掃除をして、キレイになったトイレ。家族みんなが気持ちよく使うことができます。仕上げに便座のふたを閉めて完了!

仕上げにトイレのフタを閉めて終了!

用を足す前のスプレーで、汚れの付着防止に

トイレを使用する前に便器の内側に「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ツヤツヤコートプラス」をスプレーしておくと、便器の中に菌や汚れがつくのを予防ができるのだとか。掃除以外にも、こんな使い方があったなんて、目からウロコ。ぜひこちらも実践していきたいと思います。

用を足す前にスプレーすれば防汚効果も

まさかふたを開けて流すことが、菌を撒き散らすことになっていたとは驚きました。毎日使う場所だけに、ちょっとした習慣とこまめな掃除を心がけることが、家族や自分への思いやりにつながるのだと実感しました。

監修:森田豊先生

イラスト:みやよしえ

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

毎日使うからこそ、トイレは清潔に!

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事