スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

放っておくと危険! 結露の原因と対策

住まいに悪影響を及ぼす結露。湿度をコントロールするほか、断熱により家表面の温度を下げないことが重要です。

寒くなってくると、毎朝のように窓ガラスに発生する結露。一見たいしたことのない水滴ですが、実は放っておくと家に悪影響を及ぼす可能性があるんだとか。結露のメカニズムと対策について、旭化成建材株式会社の断熱住宅資材事業企画部の秋山均さんに聞きました。

結露を放っておくとこんなリスクが!

「結露は、表面結露と内部結露の2つがあります」と秋山さん。

・表面結露とは?

外気によって冷やされた窓ガラスや床、壁などの見えるところで起こる結露。これを濡れたままにしておくと、カビやダニが発生し、ぜんそくやアレルギー、アトピーの原因になることも。人の健康にも影響します。

表面結露とは?

・内部結露

壁の中や床下、天井裏など、見えないところで発生。住まいを腐らせることもある怖い現象。結露で濡れた状態が続くと、シロアリやカビの温床になることもあります。木の強度が弱まるため、住宅の土台や柱がボロボロになるかもしれません。

内部結露

内部結露

結露が発生するメカニズム

ところで、結露はなぜ発生するのでしょう。

冬に、寒い場所から温かい場所へ入るとメガネが曇りますが、これも結露です。

結露は、空気中の水蒸気が冷やされて水に変わる現象。ガラスや壁などの冷えた物体の表面に水蒸気が触れると、水滴となるのが結露です。

室温が下がると結露しやすくなり、外の温度と、室内の温度の差が激しいとできやすくなります。また家に単板ガラス(1枚だけの板ガラス)があったり、外壁の断熱不足の部分があったりすると、そこで結露します。

結露が発生するメカニズム

結露が発生しやすい場所をチェック!

それでは、どんな場所で結露が発生しているのか、自分の家をチェックしてみましょう。ポイントは「水蒸気が発生するところ」「冷たいところ」です。

  • 窓ガラスやサッシにカビが生えていないか。
  • タンスや本棚の裏など、家具をピッタリ壁につけているところにカビや変色がないか。
  • 床やカーペットの下が濡れていないか。
  • 押し入れ水蒸気は人体からも発生します。布団はその水蒸気を吸っているので、乾燥させないまま押し入れにしまうと、水蒸気がこもることに。押し入れの中がジメッとしているなら要注意。
  • キッチン水回りはただでさえ湿度が高く、調理で湯気も発生します。窓やシンクの下も結露が発生しやすい場所です。
  • 納戸や人が使わない部屋普段使っていない部屋がカビ臭いのも、結露が原因の可能性大。人のいる部屋から水蒸気が流れ込み、結露になるのです。

結露を抑える2つの方法

冬場は加湿器をかける家庭も多いので、とくに結露が発生しやすい環境。どうすればいいのでしょうか?

結露を抑えるには、「水蒸気を発生させない」「家表面の温度を下げない」の2つがポイントとなるそうです。

水蒸気を発生させない暮らし方の工夫

  • 湿度を測る部屋の湿度は40~60%が理想的。センサー付きの加湿器を使ったり、湿度計で室内の湿度をチェックしましょう。
  • 開放型のストーブを避ける灯油が減ったのと同じ量の水蒸気が出るといわれています。オイルヒーターやエアコンに切り替えるだけで、水蒸気の発生を抑えられます。
  • 洗濯物の室内干しを避ける水分を発生させる元になるので要注意。
  • こまめな換気炊飯器を使う際に換気扇を運転すると、水蒸気を含んだ空気を逃がせます。
  • 空気の通りをよくする家具は壁から離して置きます。布団は押入れの戸を閉め切らず、スノコを敷いたり、押入れの壁から離して収納したりすると、空気が循環します。
  • 除湿する除湿剤にはあまり効果はありませんが、除湿器は一定の効果が期待できます。

家表面の温度を下げない工夫

室温はエアコンなどの暖房機器を使うことでキープできます。

しかし、アルミサッシや断熱が不十分な外壁があると、その部分の温度が上がらず結露してしまうことに。二重窓や二重サッシにしたり、断熱材を入れるなど、根本的な対策も効果的です。断熱性が上がると、暖房を消しても室温が下がりにくく、省エネ効果も。

断熱の方法には、外断熱と内断熱の2種類があります。

  • 外断熱建物全体を断熱材ですっぽり包むので、気密性が確保しやすい
    コストが高め
  • 内断熱柱と柱の間などに断熱材を入れる方法で施工方法が容易
    壁内で結露することがあるので注意が必要
    比較的コストが安い

基本的にマンションは断熱材が入っていますが、一戸建てで省エネ基準を十分に満たした住宅の普及率は5%程度。断熱対策をしていない一戸建てでも数日間で断熱リフォームをできるので、毎年結露で悩んでいるご家庭は検討してみてはいかがでしょうか。

日本はまだまだ断熱後進国。これからは光熱費の面からも、断熱しているかどうかが家選びの条件になるかもしれません。

取材協力、本文解説図提供:旭化成建材株式会社

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ