リサイクルショップに売れるもの、売れないものとは?

雑貨も衣類も売ることはできても、流行や製造年月次第ではNGの場合も。状態や見た目の良さが高い買い取り条件のひとつ。

部屋をキチンと片づけたいと思いつつ、ずっとそのままにしている不用品たち。そこで、リサイクルショップを活用し、不要品を処分することから始めてみませんか。
でも、どのような不要品なら買い取ってくれるのでしょうか? リサイクルショップ「トレジャーファクトリー」広報の上間綾乃さんに、売れるものと売れないものについて聞きました。

リサイクルショップはなんでも買い取ってくれるの?

「通常、リサイクルショップで買取を行っているのは、

  • 衣類
  • ファッション雑貨(バッグ・帽子・ベルト・ネクタイ・財布など)
  • 家具
  • 家電
  • 食器(未使用)などの贈答品
  • インテリア雑貨
  • デジタル機器
  • スポーツ用品
  • アウトドア用品
  • 楽器
  • ホビー雑貨
  • ブランド品
  • 貴金属

などです。迷ったら電話で問い合わせてもらうか、持参して査定してもらうのがいいでしょう」。

買い取ってもらえないのはどんなもの?

買い取ってもらえるかどうかには基準があります。

  • 家電製品は製造後10年以内のものが買取の目安。
  • 衣類などは流行もあるので、3年以内のものが目安。ただし、流行など関係なく使いやすく状態のいい服なら買い取ってもらえることも。
    逆に、流行のデザインであれば、ノーブランドやプチプラでも買取りいたします。
    また、シミや汚れがあるもの、あまりに流行にそぐわないものは3年以内でも買い取ってもらえない場合もあります。
  • 家具は製造から10年以上経過したものは買取ってもらえない場合も。ただし、10年以上経過したものでも、ブランド家具や、状態のいいものは買取ってもらえる場合もあります。

そのほか、店舗への持ち込みで一般的なリユースショップで買取が難しいものは、

  • 大型過ぎる家具
  • 応接セット
  • 用途が限定されている家具
  • ベッド

などです。
基本的に大型なものを書きましたが、トレジャーファクトリーの店舗では買取りできるものもありますし、出張買取ではご自宅までうかがいますので、まずはWebや電話等でお問い合わせいただくのがスムーズです。

できるだけ高く買い取ってもらうには?

「高額で買い取るポイントは、やはり状態や見た目の良さです。できるだけ新しいもののほうが買取価格も高いので、使わなくなったら、家で寝かせているより、早めに売っていただくのがオススメ。また汚れはできるだけ取り、破損も直せるものは直したほうがいいですね」。

高く買い取ってもらうために、下記をチェックすると良いそうです。

リサイクルショップでより高く買い取ってもらうコツ

買取できなかったものは、基本的には持ち帰ってもらいますが、引き取り希望があれば相談してみてください。洋服の場合は、買取できなかったものも引き取り、こちらでリサイクルに回すこともできます」と上間さんは話してくれました。

量が多かったり、大物の家具などがある場合は出張買取がオススメ。洋服などは宅配便買取も行っています。他にも、引っ越し、買取、処分を一括で行うトレファク引越という出張サービスもありますので、自分にあった買取法で、ぜひ不用品の処分をしてみてください。

売れるかどうか迷っていたものでも、実際に持って行ったら、意外に値が付いたなんてこともあるかもしれません。これを機会に不用品を売って、部屋の中をスッキリ片付けたいですね。

取材協力:トレジャーファクトリー

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事