たたんでからしまうのはNG! 洋服がコンパクトにまとまる“ミルフィーユ収納”

クローゼット内のスペースや衣装ケースが足りず、洋服があふれかえっている……心当たりのある人も多いのでは? 私もふたり暮らしで洋服は多いのに、クローゼットが狭いため、なかなか収めきれません。

美的収納プランナーの草間雅子さんによると「ケースに入れてからたたむ“ミルフィーユ収納”が、大量の衣類をすっきり収納するコツ」とのこと! いったいどんなたたみ方なんでしょう?

 

たくさんの洋服が収納できる“ミルフィーユ収納”のポイント

たたんだ衣類を重ねて収納すると、どうしても無駄なスキマができてしまうもの。ケースの中で1枚ずつたたむ“ミルフィーユ収納”なら、襟がくる場所を交互にしたり、厚みが偏らないように微調整したりできるのだそう。

1. 収納ケースは「広くて浅いもの」を選ぶ

ケースの中に手を入れて洋服をたたむので、深さがある箱では作業がしにくくなってしまいます。衣類が多いなら、広くて浅いタイプの箱を重ねていくのがおすすめ。探すときにも、すべての衣類がすぐさま見られます。使用頻度の少ないスーツケースなどを代わりに使ってもOKです。

今回はスーツケースを使用しました

今回はスーツケースを使用しました

2. 入れる順番は厚手→薄手

最初に厚手のものをしまっておけば、徐々に積み重なる衣類の重みで、自然に圧縮が可能

空気を抜くタイプの圧縮袋は服を傷める可能性もあるため、草間さんは使わないのだとか。

スーツケースの幅に合わせてたたんでいきます

スーツケースの幅に合わせてたたんでいきます

3. 高さが均等になるようにたたむ

1枚ずつ手で伸ばしながら、ケースの形に合わせてたたんでいきましょう。

例えばブラウスなら、お店のように首回りを見せて美しくたたむ必要はまったくナシ。胸から襟のあたりを先に入れて袖をたたみ、最後に下から折り返した裾をかぶせます。次の衣類は襟が下に来るように入れれば、高さが均一になり、多くの衣類が収納可能に!

袖はなるべく重なりが少なくなるように

袖はなるべく重なりが少なくなるように

4. リボンやスパンコールなどの小物にも気を付ける

リボンがついている服は、リボンをほどくのもポイント。しばったままだと高さが出て、無駄なスキマを作ってしまいます。ボウタイなどもただ4つ折りにするのではなく、ケースの幅に合わせて蛇腹状にたためば、2つ折りですむかもしれません。

ベルトは丸めず、ケースの壁に沿わせて収納。折りたたむ回数が増えると衣類のかさは増すので、極力少ない回数にとどめましょう。

また、防虫剤の影響を受けないよう、デリケートな衣類は裏返しにたたみます。スパンコールなどの装飾品がついているものや白地、繊細な生地の衣類は特にご注意を。

 

タイもスーツケースの幅にあわせて蛇腹に

ボウタイもスーツケースの幅にあわせて蛇腹状に

いちばん上のあいたスペースには、帽子などを入れてもOK

いちばん上のあいたスペースには、帽子などを入れてもOK

 

いつもの2~3倍の収納が可能に

ミルフィーユ収納は、洋服の形をしっかりと見て、ケースに合わせたたたみ方で収納していくのがルール。決まりきった形にたたんでいると気づかないような汚れやシミを発見することもできます。

私もやってみたところ、いつも使っている引き出しに2~3倍の洋服が入りました! あまりじっくり見ることのないワンピースの裾に、ちょっとしたほつれを発見したりも……。

パズル感覚で楽しみながら衣類がしまえるのも魅力です。 ただし、普段からこんなに時間をかけてたたむのは難しいところ。 スペースが足りないときや旅行の際、使用頻度の少ない衣類を収納するときなどに活用するとよさそうです。

ちなみに草間さんのおすすめは「洋服はできるだけつるして、最低限のものだけたたむ」という“つるす収納”。やり方はこちらの記事を読んでみてください。

 

取材協力、写真提供:美的収納プランナー 草間雅子さん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事