運動会で目立つ!真っ白な体育着を長持ちさせるお洗濯の方法

運動会は子どもの晴れ舞台、当日は真っ白な体育着を着せてあげたいものですね。

でも、体育着なんてサイズが小さくならなければ、そうそう買い替えるものでもありません。

そこで、きれいな体育着を長持ちさせるための日頃のお洗濯についてまとめてみました。

酵素や漂白剤配合の洗剤で、すっきり洗い上げる

体育着についた汗や皮脂は時間が経つと黄ばみや黒ずみ、ニオイに変化し、落ちにくくなります。

ですから、体育着のお洗濯はセンイに汚れを残さないよう洗い上げることが大切です。

洗っているのに黄ばみや黒ずみになってしまうのは、汚れがセンイに残ってたまっていくから……。

すっきりと洗い上げるためには、酵素や酸素系漂白剤が入った洗剤が効果的です。

酵素は、センイの細かいスキマに入り込んだ脂質やたんぱく質系の汚れを溶かし出す働きで、洗剤の効果を高め、漂白剤は、汚れや色素を化学的に分解して無色に変えます

酸素系漂白剤であれば一緒に色柄物を洗っても脱色の心配なく使えます。

ひどい汚れには、つけおき洗いが効果的

学校から家に持ち帰るまで日が経ってしまったり、校庭でついた泥汚れなどがあるときには、洗濯機で洗っただけでは、汚れが残ってしまうことがありますよね。

そんなときは、あらかじめ、つけおき洗いした後、洗濯機洗いをするのがおすすめです。

【洗濯機でもできる!つけおき洗いの仕方】

(1)洗濯機に体育着を入れ、低水位に設定し、いつものお洗濯と同じ量の洗剤を入れる。

130918-01-01

つまり高濃度の洗濯液ができる!

(2)「洗い」のみのコースで洗剤が溶けるように2~3分洗濯機を回した後、そのまま約1時間ほどつけおく

130918-01-02

酵素が十分に働くには30分~1時間が必要!

(3)他の洗濯物を加えて、いつもの水位でふだん通り洗う

130918-01-03

ガンコそうな泥汚れの場合、払って取れる泥はなるべく落とした後、部分洗い用洗剤や固形せっけんを使ってもみ洗いをしてからつけおく。

130918-01-05

さらに、白さにこだわるなら!

130918-01-04

(1)蛍光剤配合の洗剤を使う

蛍光剤とは染料の一種で、紫外線を吸収して青白い光(蛍光)を出す性質があるため、衣類をより白く見せるのです。

もともと白い衣類は蛍光剤が施されているものが多いのですが、お洗濯を繰り返すうちに取れてしまうので、蛍光剤配合の洗剤で蛍光剤を補うことにより白さが保てるというわけです。

生成りや淡い色の衣類は、蛍光剤配合の洗剤を使うと変色のおそれがあります。必ず、蛍光剤無配合の洗剤で洗いましょう。

まとめ

  1. 酵素・漂白剤・蛍光剤配合の洗剤がおすすめ!さらに漂白剤を加えても◎
  2. ひどい汚れや時間が経った汚れには、つけおき洗いが効果的

商品情報

たまっていく汚れ・ニオイから菌まで落とす! 「アタック 高浸透リセットパワー

スプレータイプの部分洗い用洗剤 「アタック シュッと泡スプレー

濃縮タイプの衣料用酸素系漂白剤 「ワイドハイターEXパワー

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事