防虫剤を使っても虫に食われてしまうのはなぜ? 衣替えの前に知っておきたい防虫の基本 [防虫剤の使い方編]

知識編」に続いて、防虫剤の使い方をエステーさんにうかがいました。

防虫剤の種類はたくさんあってどれを選んだらよいか、分からない方がいるかもしれません。それぞれのメリットを聞きました。

防虫剤の成分は無臭性が主流

防虫剤のおもな種類

防虫剤の原料には、無臭性の「ピレスロイド系」と有臭性の「パラジクロロベンゼン」「ナフタリン」「樟脳」があります。

エステーの「ムシューダ」をはじめ、現在お店で売っている防虫剤は、ほとんどがピレスロイド系の製品です。独特のにおいはなく、そもそも防虫剤のために作られた薬剤なので、少量で十分な効果と持続性が見込めます

反面、においがないだけに、効き目が切れても使い終わりが分かりにくいという弱点があります。エステーでは、色や文字などで使い終わりを知らせてくれる「おとりかえサイン」などで、交換のタイミングが分かるようにしています

独特のにおいがあるものは昔ながらの防虫剤

パラジクロロベンゼンは昔ながらの防虫剤で、かなり強いにおいがします。元々、防虫剤用に作られた薬品ではなく、十分な効果を上げるためには、比較的多くの量が必要です。ニーズは少なくなりましたが、エステーでは「ネオパラ」「エスパラ」など数製品の販売を継続しています。「においがある方が効果を実感しやすい」という根強い声があるのです。

ナフタリン樟脳になると、さらに古くから防虫に使われてきました。ナフタリンは長期収納に向いているといわれています。樟脳には虫を寄せ付けない効果があり、現在では着物用としてわずかに使われているのみです。

防虫剤を使っても虫に食われてしまうのはなぜ?

まず、防虫剤の効力がなくなっている可能性があります。商品説明の有効期限を必ずチェックしてください。前述のように、無臭タイプの場合は効き目が切れても気づかれないケースがあります。

また、密閉された空間で適量を使うようにしてください。成分が衣類のすみずみまで行き渡らなければ、どんなに優れた防虫剤も意味がありません。密閉できない場合は、「ムシューダ 防虫カバー」のように衣類を覆って、中に成分を充満させるタイプが便利です。

最後に、衣類は洗剤で洗ってから、収納するのが大切です。害虫は脂や汗の汚れもエサにします。彼らによい環境があまりにも整っていると、防虫剤でも防ぎきれない可能性があるのです。

防虫剤の使い方から、収納方法まで。衣替えのコツまとめ

取材協力:エステー株式会社

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事