もうにおいで嫌われない! 部屋を消臭&心地よいアロマで満たす方法

家で仕事をする時間が長いので、香りで気分転換ができたらいいなと、ずっと思っていました。

最近は、アロマオイルの香りを持続させるディフュザーもいろいろ出ていますが、我が家にはネコがいるので熱くなるタイプも、超音波タイプもダメなんです。

かといって、人工的な芳香剤では癒されないし…。これぞというものに出会えないまま過ごしていましたが、この「リセッシュ ヒーリングアロマ」はかなり理想に近いものではないかと思います。

「リセッシュ ヒーリングアロマ」開発秘話

「リセッシュ ヒーリングアロマ」は、これまでの「リセッシュ」の消臭・除菌用途と、100%天然アロマの癒しを両立させたものなんです。

花王のさまざまな製品の中でも、特にナチュラルや上質さへのこだわりを感じます。

実際にこれまでの「リセッシュ」と比べてお値段も高めです。だからこそ期待感も高まるというもの。

開発を手掛けた田中さんと丸山さんに、つくり手の想いやこだわりのポイントを伺ってきました。

花王香料開発研究所の丸山さん(左)、田中さん(右)

花王香料開発研究所の丸山さん(左)、田中さん(右)

香りの専門家の想い「純粋に100%天然アロマでつくってみたい」

「リセッシュといえば、消臭・除菌の用途でおなじみですが、これまで合成香料が苦手な方には、使いたくても使いにくいという声をいただいていたんです」と、エバリュエーターの丸山さん。

エバリュエーターとは、生活者が求める香りをつくるために香りのイメージを言葉にして、実際に調香を行うパフューマーに伝え、できた香りを評価する役割です。

住宅用洗剤などの香りにもたずさわる丸山さんは、「香りの専門家として、純粋に本物のエッセンシャルオイル(精油)だけを使い、癒しを目的とした天然アロマ製品をお届けしたいという想いもありました」とも。

「リセッシュ ヒーリングアロマ」は、消臭・除菌剤というだけでなく、もともと本物の香りを楽しむという目的をもって開発された製品であることがわかりました。

もっとも消臭・除菌成分が気になるニオイを浄化するからこそ、混じり気のないアロマを楽しめるわけで、これはアロマオイルにもない特長だと思います。

女性のきめ細かなこだわりを満たして、妥協のない製品が誕生

「丸山さんがイメージする奥深い癒しの香りを表現するためには、最終的に13種ものエッセンシャルオイルをブレンドすることになりました」と語るのは、開発グループのリーダーを務める田中さん。

南フランスを中心に世界から集めた良質のエッセンシャルオイルを1種類ずつ加えたり、減らしたりしながら、開発には2年もの歳月がかかったそうです。

「香りで癒されたい、元気になりたいという想いは女性のほうが男性よりも強いかもしれません。丸山さんと二人三脚で開発にあたったパフューマーも女性。女性ならではのきめ細かなこだわりをひとつひとつ満たして、時間はかかりましたが妥協のない製品が誕生したと思います」と田中さんも誇らしげです。

発売前のモニターインタビューでも、「使った瞬間にすごく心地よかった」「天然成分なのにこの価格はとてもうれしい」など喜びの声が寄せられ、開発者として手ごたえを実感したそうです。ものづくりのひたむきなマインドが伝わってきて私もうれしくなりました。

「リセッシュ ヒーリングアロマ」私の活用法

refreshing

「リセッシュ ヒーリングアロマ」には、ユーカリ・セダーウッドなどの香りがすがすがしい「リフレッシングシャワー」と、ゼラニウム・カモミールなどの香りが心地よい「リラクシングシャワー」の2種類があります。

relaxing

エッセンシャルオイルのびんの色をイメージしてつくられたというボトルは、どこに置いてもおしゃれで視覚的にも癒されます。ちなみにエコにも配慮されたペットボトルです。

どちらも香りも、ボトルの色も気に入ったので、ついつい2本を大人買い! 楽しみながら使い方を研究中ですが、だいぶ習慣になってきた活用法を紹介します。

「リフレッシングシャワー」の活用法

  • 朝、家族を起こす前にレースのカーテンに。
  • ゴミ出しの後、ダストボックスまわりに。
  • ネコのトイレ掃除の前に周囲に。
  • 宅配便さんが来てドアを開ける前に。
  • デスクワーク中、席を立つときに(部屋に戻るといい香りが)。

「リラクシングシャワー」の活用法

  • 家族の帰宅時間を見計らって玄関に(5プッシュで30分ほど持続)。
  • 娘の制服や夫のコートに。
  • お風呂に入る前に浴室内に。
  • ストレッチ体操の前にラグマットに。
  • 寝る前に寝室や枕に。

香りはごくおだやかで空気中に長時間持続するわけではありませんが、そこがまた自然で使いやすいところ。

カーテンや枕カバーなどのファブリック類は、繰り返しスプレーしていたら、そこはかとなくいつもいい香りがするようになりました。

我が家のベーシックにしたい香りに出会えた気がします。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事