[白洋舎に聞く!]どうやってキレイになっている? クリーニング工場の裏側に潜入!

家では洗えないお洋服も、型崩れなく美しく洗い上げてくれるクリーニング屋さん。

一体どんな工程でクリーニングをしているのかご存知ですか?

株式会社白洋舎/洗濯科学研究所さんに、プロならではの方法や作業手順について伺いました!

クリーニングの工程は5種類

1、専用のタグを付けてマーキング

私たちが預けた衣類はまず、店頭スタッフさんによってポケットの中身や付属品の有無を確認され、工場に運ばれます。

マーキングぼかし済 (1)

そこで、衣類と預かり伝票に同じバーコードのタグを添付。

大量の衣類をまとめて洗濯機や乾燥機にかけたとしても、どこの誰の物なのかすぐ把握するための工夫です。

2、インナーは水洗い、アウターはドライクリーニングというように最適な方法で洗浄

131002-01-03

直接肌に触れるようなインナー類は、優しい肌触りを保ちつつ汗汚れをすっきり落とす水洗い。

汗よりもホコリや排気ガスなどがつきやすいアウターは、ドライクリーニングで油汚れを溶かしながらたたき落とすのだとか。

もともとドライクリーニングが誕生したのは、水洗いで風合いが変化してしまうウールやシルクなどの天然素材を洗うため。

水の代わりに特殊な溶剤を使うので、繊維が濡れて膨らんだり縮んだりすることがないそうです。

例えば、ドライクリーニングの溶剤にティッシュペーパーを入れても、溶けずにずっと残っているのだとか!

だからデリケートな衣類も洗えるというわけですね。

131002-01-02

3、シミがあればシミ抜きを行う

131002-01-04

プロのシミ抜きはなんと、スチームやエアを出す機械を使います。

私たちが家庭でシミ抜きを行うときは、汚れた衣類の下に布を当て、水や洗剤などでたたき落とすのが主流ですよね。

プロはスチームでシミを浮かせたら布の代わりに機械を当て、シミの基となっていた液体を下から吸い込んでしまうのだとか。

「ドライクリーニングの機械や溶剤はどこもほぼ同じものを使っていますが、シミ抜きは各社の技術の見せ所です」と、高坂さん。

4、アイテムの素材やデザインが活きるように、それぞれ専用の仕上げ機で成形する

131002-01-05

洗濯するとどうしてもシワが増えてしまうので、プロはシワの伸ばし方にも気を配ります。

例えば「トンネル仕上げ機」は、高温のスチームが噴出しているトンネルに一着ずつハンガーにかけた洋服をくぐらせるもの。

また、シルエットを美しく見せたい洋服は「ガーメント」という人の形をした機械に着せ、服の内側からスチームをかけます。

そのほか、ズボンの折り目や腰のラインなど、部分ごとをプレスする機械も。

そして最後にはプレス台で一着一着、人間の手でアイロンをかけているんですって。

131002-01-07

5、汚れやシミの落とし残りや付属品、仕上がりのチェック

131002-01-06

そのように洗われ、乾燥した衣類は検品へ。

汚れやシミが残っていないか、洗浄段階で別々にした付属品はきちんと戻されているかはもちろん、シワの有無や折り方のひとつひとつまで人間の目でしっかりチェックしています。

131002-01-08

以上の工程を経て、私たちの衣類は手元に戻ってきます。

びっくりするほど手間がかかっているからこそ、あんなに美しい仕上がりが生まれるんですね。

 

取材協力:株式会社白洋舎

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事