ニットの大敵・毛玉を防ぐ! 柔軟剤の意外な活用法

肌寒くなってきて、そろそろニットを着始める人も多いはず。

お気に入りだからといってしょっちゅう着ていると、気づけば毛玉だらけに……。

冬場は特に困ってしまう毛玉、実は柔軟剤を使うとできにくくなるんですって。

柔軟剤の仕組み

衣類をふんわりやわらかく仕上げる柔軟剤。

実は繊維表面の摩擦や抵抗を少なくする効果があるんです。繊維同士の滑りがよくなるため、摩擦によって発生する洋服の毛玉やケバ立ちを抑えるというわけ。

お洗濯をするときにちょっとプラスするだけなので、ほとんど手間をかけずに予防対策ができてしまいます。

ほかにも柔軟剤はメリットがいっぱい

空気が乾燥する冬、摩擦で起こりやすくなる静電気も、柔軟剤を使えば軽減することが可能。

それは、柔軟剤に含まれる陽イオン系界面活性剤に、静電気が発生してもすぐに逃がしてくれる性質があるからなのだとか。

パチっ! と痛い思いをしないためにも、使っておきたいところですね。

繊維の摩擦が少なくなると、脱水後の衣類が絡まりにくくなるのもうれしいポイント。乾いたあとのアイロンがけもぐっとスムーズになります。

面倒な仕上げの時間を短縮できるなんて、優れものですよね。

冬の「困った!」を解決する柔軟剤、ぜひ試してみてください♪

商品情報

動きを感じて、咲きたての香りがわき立つ!「フレアフレグランス

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事