この方法なら毎日できる!炊飯器の内蓋の簡単な洗い方

炊飯器の内蓋、ご飯を炊くたびに必ず洗っていますか?実は、どんな炊飯器でも取扱説明書を読むと、「使用したら内蓋を取り外して水洗いを」と書いてあるんです。でも、厳密に実行している人は多くはないようで、私もたま~にしか洗わず、夫に指摘されることも。でも、細かな部分に入り込んでいてスポンジが届かないし、面倒なんですよね、この内蓋のこびりつき汚れ。でもこの内蓋こそがご飯を格段においしくさせる重要な部分だそう。そこで、内蓋の簡単お手入れ方法を実践しました。

つくのは水蒸気?実は内釜よりも汚れる内蓋の中

炊飯器の内蓋なんてそうそう汚れるものではないし、「ついたとしても水蒸気程度?」と以前は思っていたのですが…

パン食をやめて、ご飯を朝夕、一日二回炊くようになったら、我が家の炊飯器は汚れが目立つようになってしまいました。

どうやらわが家の炊飯器は、圧力釜タイプで炊飯時に高圧がかかるので、お米も水もかなり釜の中の上の方まで上がって、粘りのあるおねばがブクブク。そのため、炊飯の度にべっとりとしたネバつきが内蓋についているようです。

内蓋は、内釜のようにテフロン加工されていません。そのため実は、汚れが落ちにくいようです。

また、白米だけでなく、
・炊き込みご飯など調味液が水蒸気として上がるもの
・お赤飯やおこわなどのもち米類
・炊飯器ケーキや煮込み
なども汚れがつきやすそう。いろいろ作れるのでとても便利ですが、使った後は、しっかりお手入れしてあげた方がよさそうですね。

汚れががびがび固まった内蓋を外して、分解しているシーン

泡スプレーをひとふき、1分待ってすすぐだけ!

複雑な形のキッチンツールの食器洗いといえば、「キュキュット CLEAR泡スプレー」の出番!

スプレー式の泡で出る食器用洗剤なので、スポンジでは届きにくい、複雑な構造の内蓋にもってこい

内蓋の固まってがりがり取れにくくなった汚れに、早速泡スプレーしてみました。裏側の圧力を調節するボール部分にも同じようにスプレー。濃密泡が、汚れにしっかり密着。1分ほど待ってあとは水ですすぐだけ

炊飯器の内蓋のよごれに、キュキュット泡スプレーをしている写真

届きにくかった汚れが落ちて、ストレスから解放

スポンジでこすらずとも、気になっていた汚れがスッキリきれいに落ちくすみも取れて、つやつやピカピカに!

炊飯時のねばねばが固まっていた炊飯器の内蓋に関しては、あとから軽くスポンジでこすりましたが、圧力調節のボール部分は見違えるほどキレイになりました

水蒸気が出る外部排出口の部品も取り外し、同じようにスプレー後に水洗い、こちらも難なくキレイになりました。

内蓋の汚れが落ちてピカピカになった内蓋や部品類

隅っこを毎回洗う内蓋の面倒さが嘘のように簡単

「キュキュットCLEAR泡スプレー」のおかげで、面倒だった内蓋の細かく密集した部品洗いのイライラから解放されました。

この方法なら、シュッとスプレーして水で流すだけなのでその日のうちにしっかりケアできそうですね。この簡単ステップさえ心がければ、毎日のご飯がよりおいしくなるはず。

朝食後、出かける前のちょっとした時間でもできるし、夕飯後の後片付けもラクラク、毎日のことなので時短ケアできるのが最高です。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

洗いにくい部分まで、スポンジいらずで食器洗い

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事