マットからエアコンの吹き出し口まで。プロが教える車内掃除のコツ

晴天の午前、乾きにくいフロアマットからお掃除スタート!基本は掃除機と水拭きで、最後にしっかりと乾かしましょう。

給油のついでにボディの洗車はするものの、車内は定期点検の時に掃除をしてもらう程度。子どもが拾ったドングリや草花を持ち込んだり、コンビニで買ったコーヒーをこぼしたり、車内も意外と汚れが溜まっています。そこで車内の掃除のコツを、自動車販売や整備を行う「ミュンヘン」の宇都宮誠さんに聞きました。

特別な機械やプロ仕様の洗剤がなくてもOK

「プロに頼まずとも、普段の家の掃除を行う延長で車の中も掃除できます」と宇都宮さん。カー用品店に行くと、さまざまな種類の洗剤があり、どれを使おうかと迷ってしまいます。しかし、特別な機械やプロ仕様の洗剤を使わなくても、車の中の汚れを落とすコツをつかめば、とってもキレイになるのだそうです。

「車内の掃除は、フロアマットを洗うのなら乾くまで時間がかかるので、天気がいい午前中に行うのがベスト。掃除のポイントは、外と同じことで、白いところは白く、黒いところは黒く、が基本です。室内が引き締まってかっこよく見えますよ」(宇都宮さん)

乾きにくいフロアマットは一番はじめに

乾きにくいので一番最初に行いましょう。掃除機をかけて、しっかりとゴミを吸い取ります。掃除機をかける前に、布団たたきのように裏側から叩くと、繊維の奥のゴミやほこりを浮き出してくれます。

台所用の除菌洗剤と、ブラシ(洗車用ブラシなど弾力があって、毛がよくしなるもの。100円ショップでも売ってます)で汚れをかき出すように洗います。泡が出なくなるまで水でよくすすぎ、風通しのよい場所でよく乾かしましょう。きちんと乾かさないとカビや生乾き臭の原因になります。

フロアマットの掃除

マットの下は石や葉っぱをとり、掃除機で吸い取る

掃除中はホコリが飛散するので、窓・ドアをすべて開けてから、行いましょう。フロアマットを出したその下にも、土や大きい石、葉っぱなどが落ちていることがあります。あらかじめ手で取ったあと、掃除機でゴミを吸い取ります。細いノズルを付けて、狭い箇所のゴミも残さずとりましょう。

掃除機で徹底的に吸い取るのもいいのですが、ゴミの除去はエアブローがおすすめ。ガソリンスタンドなどで100円程度で使える場合もあります。エアブローを吹き付けてから、掃除機をかけると、よりキレイになりますよ。

フロアの掃除

内装は念入りに水拭き

ダッシュボード、ステアリング、シフト、ドア周り、ガラスの内側についた汚れ、手垢などは、柔らかいタオルを硬く絞って水拭きするだけで、とてもキレイになります。くまなく念入りに、細かな箇所もタオルの面や角を使って水拭きし、最後に柔らかい布でカラ拭きましょう。

車の中をとにかく水拭き!

つや出し剤を使う場合、ステアリングやシフトレバーなどは、手が滑って運転に支障がでてしまうし、ダッシュボードでは光が反射してまぶしいので、注意が必要です。

フロントガラスや窓の水拭きでは、タオルやウエスの毛ボコリが湿気を帯び、ガラスに筋のように残ってしまうので、ガラス用洗剤をタオルに吹き付けてから拭くといいでしょう。また、ダッシュボードに新聞紙やタオルを乗せて保護すれば、洗剤がこぼれても心配ありません。もし、ダッシュボードに洗剤がついた場合は、乾いた布で拭き取って洗剤を残さないようにしましょう。

細かい部分は綿棒やハケを使いこなして

綿棒や柔らかなハケ、柔らかめの歯ブラシなど、100円ショップで揃うものでOK。

たとえば、エアコンの吹き出し口などは、濡らした綿棒でドリンクカップや小物入れ、ドアポケットなどは、ハケを使って。オーディオ周りは歯ブラシで。細かな部分をキレイにすることで、ドアを開けた瞬間の美しさが格段に変わります。

エアコンの吹き出し口などは、濡らした綿棒で

スライドドア周り、運転席や助手席に座ったときに目に入るドアミラー周りの汚れ、ガラスが格納されるウィンドウモールまわりのゴムの汚れなども、しっかり拭いて、黒ずみや泥、ホコリを落としておきましょう。

シートのシミは、服の染み抜きのように、濡れたタオルでたたきだすのが効果的。最後に、シートのニオイが気になるならば、シート用除菌スプレーなどを軽く噴霧します。エアコンや各種電子機器にはかからないように注意しましょう。風通しをよくし、車の中がしっかり乾いたら、清掃完了です。

車の販売や整備などで、お客様に車を引き渡す前に車の中を掃除をすることが多い宇都宮さん。基本の水拭きで、多くの車を美しく掃除してきたそうです。

車内がキレイならば、移動も気持ちよく、お出かけが楽しくなりますね。私もやってみます!

取材協力:ミュンヘン

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事