犬と暮らして3年目。快適を求めてたどりついたお掃除アイテム

抜け毛は「クイックルワイパー」で絡め取り、ごはん&お水トレイ周りは「食卓クイックル」で拭くのが定番になりました。

かわいくて仕方ないわが家のチワワ兄弟。一緒に暮らして3年目になりますが、毎日のごはん作りやお散歩もまったく苦になりません。

ただ、「室内の環境」だけは、これでいいのかなと試行錯誤…。もうすぐ11歳になりますが、まだまだやんちゃ盛り。好きでこだわってきたインテリアも、テーブルの脚にオシッコをしたり、おふとんでうんちをしてしまったり…。正直、ちょっと悲しくなることも。すぐ毛だらけになってしまうので、着るものもソファもベッドまわりもすべて洗えるものに変えました。

でも、そんなことはどうでもよくなるほどかわいくて。せっかくわが家にお迎えしたのだから、健康的でストレスのない環境を作ってあげたいといつも思っています。お掃除道具も片っぱしから試しました。そこで今回は、かわいいチワワ兄弟と暮らすなかで見えてきたおすすめのお掃除グッズを紹介したいと思います。

毛って、こんなに抜けるのね…床に落ちた毛のお掃除は?

チワワ兄弟と一緒に暮らして一番戸惑ったのが「抜け毛」です。床はもちろん、ソファやベッドの下には抜け毛とホコリが絡まった大きな綿ぼこりが。棚やテーブルの上にまで舞い上がってしまいます。でも掃除機は苦手みたいで、ワンワン吠えてかわいそう…。

犬はどうして掃除機が苦手なの?
床に落ちた毛のお掃除

そこで使うようになったのが「クイックルワイパー」。まずは、「クイックルワイパー 立体吸着ドライシート」で、ソファやベッドの下などの大きなホコリを除去。チェストなどの裏は、本体部分を立てると細い隙間にも入ります。そして、シートを裏返してリビングや寝室、各部屋の広い部分をお掃除。最後は玄関をしっかり拭きます。玄関のタイル、角にけっこう抜け毛がたまっていて驚きます。

「クイックルワイパー 立体吸着ドライシート」で大きなホコリを除去

とにかくどこでもなめるので、サイドテーブルやワインクーラーの脚などは「クイックルワイパーハンディ」を使います。背の高いところやテレビ画面、鏡も、これを使ってきれいにします。床に落ちるホコリをできるだけ少なくしてあげたいので。

ホコリ1gには約10万個の菌がいる!?リビングのホコリ掃除のコツ
ホコリ1gの中には、約10万個の菌がいる!?リビングのホコリを掃除するコツ
サイドテーブルなどはクイックルワイパーハンディでお掃除

食べこぼし、謎の足あと、床のベタベタ汚れには…

床をから拭きしたら、必ず行っているのが「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」による水拭きです。

お散歩後はやはり汚れが気になりますし、肉球から分泌される汗や油分でも床は汚れてしまいます。さらに、上手にオシッコしてもそれを必ず踏んづけて歩きまわるチワワ弟。なのに、チワワ兄は床でしかカリカリを食べてくれません。(お皿に入れると「出せ、出せ」って、かわいい♡)。

そして、ごはん&お水トレイの周りは「食卓クイックル ウェットクロス」を愛用中。植物由来の洗浄成分で汚れを落とすので、安心。雑巾を濡らして絞る手間が省けますし、雑巾より衛生的です。さわやかな香りに、私も癒されています。

ごはん&お水トレイの周りは「食卓クイックル ウェットクロス」

ワンコと暮らすようになって、回数が増えたお掃除。だからこそ、手軽にできるアイテムであることが大事ですよね。さらに、簡単でありながら“的確”に結果を出してくれなければ。飼い主は快適にお掃除ができて、犬も気持ちよく健康を維持できます。そんな暮らしをサポートしてくれるアイテムを味方にして、ますます幸せな共同生活を送っていきたいと思います。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

犬との暮らしを快適にするお掃除アイテム

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事