[最新住宅設備事情] 家事がぐっと楽になる!イマドキ最新設備~窓・フローリング・壁編~

毎日の家事を楽にするテクはまだまだあれども、住宅設備そのものも、家事を楽しくラクにするため日々進化しています。

そこで、住まいと暮らしの総合住生活企業「LIXIL」のショールーム東京で、毎日の生活をぐんと快適で暮らしやすくするための、窓やフローリングを見学してきました。

健やかで清潔な部屋の基本は窓

窓は、部屋の換気や採光性に関わる重要な場所。

これから冬に向けて、外気温と室温との差が大きくなると、結露しやすく、ジメジメが好きなカビやダニの温床に。

でも、断熱性が高く結露になりにくいLIXIL独自の断熱窓「サーモスII」や、内窓「インプラス」ならば、健やかでクリーンなお部屋に。

また、これらの窓ガラスは静電気を寄せ付けない樹脂素材なので、ホコリの付着を最小限にさせ、レールや窓ガラスの掃除も簡略化できそうです。

131008-06-01

ワックス不要? キレイが続くフローリング

面積が大きいだけに、一番掃除に手間取るし、かといってお手入れを怠ると即「掃除サボった」感が出る厄介な箇所、それがフローリング。

小さな子どもがいる我が家では、おもちゃの電車やミニカーをガリガリ走らせたキズや、ダイニングチェアを引きずった跡など、散々な状態です。

かといって、家具を全部片付けてワックスをかけるほど、神経質になっているでもない。

LIXILでは、様々な素材や色合いのフローリング材があり、そのどれもが掃除やお手入れの簡単さ、耐久性を考慮した機能が付加されています。

例えば、定期的にワックスをかける手間を省いたノンワックス機能。

キッチン向けに耐水性のあるものや、表面硬化させたキズやへこみに強いもの、ペットのニオイが付着しにくいもの、要介護のお年寄りのいる家庭には耐キャスター機能というものまであります。

質感や色合いなどインテリア性を追求しつつも、自分の家族構成やライフスタイルに合わせてフローリング材を選ぶことで、もっとお手入れの手間が減らせそうですね。

131008-06-02

調湿効果のある壁材で居心地のよい部屋に

タイルメーカーでもあるLIXILは、壁材にもこだわりが詰まっています。そのひとつが、健康建材「エコカラット」。

湿気を調整する微細な孔がたくさんあり、湿度の調整のほかにも、ペットのニオイや、ホルムアルデヒドの吸着もしてくれるとか。

加湿器やエアコンの除湿機能に頼らずとも、部屋を省エネで快適に保てる機能がたくさんありました。

お手入れのコツ

基本的に、お手入れをラクにするよう考えられているため、汚れのひどくならないうちにかんたんにケアするとなおOK。

窓は二度拭き不要の「ガラスマジックリン」で軽く拭き掃除を。フローリングには「クイックルワイパー」で定期的に拭き掃除。気になる壁の汚れには、「かんたんマイペット」を含ませた布で軽く拭く程度で済むそうです。

 

取材協力:株式会社LIXIL(詳しくはお近くのショールームまで

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事