[最新住宅設備事情] 家事がぐっと楽になる!イマドキ最新設備~お風呂編~

毎日の家事を楽にするテクはまだまだあれども、住宅設備そのものも、家事を楽しくラクにするため日々進化しています。

そこで、住生活設備・建材の総合ブランド「LIXIL」のショールーム東京で、最新のバスルームに搭載された、家事がぐっと楽になる最新機能を見つけてきました。

掃除のしやすさを考慮した高品質なお風呂

年末の大掃除、といえばお風呂の比重も大きいですが、実はそれは昔の話。

皮脂やアカ、石けんカス、水アカ、カビ、など、さまざまな汚れが発生するお風呂だからこそ、機能、素材、加工、のあらゆる面から、お手入れのしやすさを考慮した商品が考えられているそう。

ショールームでひときわ目についたのが、プッシュ水栓。

シャワーやカランの吐水・止水がプッシュするだけでできるので、シャンプー中で目をつぶっていても、お湯の開閉ができるだけでなく、温度や湯量が安定するなど、お年寄りや子どもに優しいメリットも。

また、水栓の形状が真っ平らなので、上に小物を置ける台になるほか、凹凸もなく掃除しやすい。

131008-07-01

排水口に溜まった髪の毛、触らずにポイ!

残り湯を排水するときに、渦を発生させ、その水流の力で排水口を洗いながら髪の毛やゴミなどを捨てやすくまとめる「くるりんポイ排水口」。

深めのヘアキャッチャーに溜まった髪の毛は、そのままポイとゴミ箱へ。

手を汚さずに、イヤな部分のお掃除が完了するなんて、素敵!

皮脂や水アカなどの汚れがつきにくいタイルを使用しているだけでなく、排水口の構造もシンプルなので浴室のお手入れも楽ちんです。

131008-07-02

ひんやり軽減・目地に汚れもつきにくい

皮脂や石けんカスなどの油性の汚れを、シャワーでササーッと流すだけで落ちやすくするコーティングが施された「キレイサーモフロア」。

冬場、足裏の熱を奪ってひんやりゾクッとするのを軽減する効果もあります。

131008-07-03

カビやすいドアパッキンを取っちゃった!

お風呂のカビ取り剤のCMで、風呂ドアのパッキンにこびりついた黒カビを落とすシーン、一度は目にしたことがあるはず。

パッキンのカビで悩むなら……、とパッキンレスの風呂ドア「キレイドア」も登場。

足元の通気口も縦に配置し、ゴミや汚れが溜まりにくい工夫もなされています。

131008-07-04

上質感とエコを両立したバスルーム

蛇口や鏡にウロコのように付く水アカ汚れの原因は、水道水に含まれるケイ酸塩などの無機物が次第に蓄積したもの。また浴槽につく石鹸カスは、水道水に含まれるカルシウム成分によるもの。

これをシャワーだけでもサッと落とせるよう、浴槽には特別にクリーンルームでコーティング加工をした人工大理石を使用しているとか。

また、風呂ブタは給湯後4時間経っても2.5度しか下がらないものを使用し、例えば遅く帰ってきたお父さんが入るにしても、保温効果が持続し、追い炊きも省エネでできるというわけ。

また、半身浴用ベンチ付き浴槽や「エコフルシャワー」など、給湯量も減らして省エネ効果抜群の機能も満載でした。

お掃除簡単、基本は乾く前シャワーすればOK

これら高機能なバスルームだけど、掃除の簡単さも素晴らしい。

汚れがつきづらいコーティングを施しているため、水分が乾いて、湯アカなどが落としにくくなる前に、お湯をかけてさーっと流すだけでOK。

汚れが特に気になる部分には、「バスマジックリン」などをスポンジに含ませて、軽くこする程度でキレイも長持ちします。

 

取材協力:株式会社LIXIL(詳しくはお近くのショールームまで

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事