スプレーで簡単!魚焼きグリルについたベタベタ油のお掃除方法

片付けが面倒な魚焼きグリル。「キュキュット CLEAR 泡スプレー」なら、使用後にスプレーシュッで油汚れに浸透・分解。

我が家は魚が大好き。焼き魚の調理はガスレンジのグリルに入れて焼くだけなので、ラクラクですが、使った後の魚焼きグリルは、油でギトギト、ベタベタで、とっても面倒。ニオイも気になります。そこで、簡単に魚焼きグリルをお手入れするワザを紹介します。

スポンジでゴシゴシしたくない場所だからスプレーでシュッ

焼魚をグリルから取り出した後は、まだ熱いこともあって、すぐに片付けせず、そのままに放置しがち。すると、冷めて脂が固まって落としにくくなり、洗うのがより面倒に…。

グリルについた魚の脂

グリルについた魚の脂をスポンジでこすると、一気にスポンジは茶色くなりますよね。そのスポンジで、他の食器や調理道具を洗ったら、べたつきやニオイが移ってしまいそう…。

そんな時に便利なのが、触らず調理器具や食器にスプレーできる「キュキュット CLEAR 泡スプレー」!

まず、シンクにグリルを置いて、水を捨てたら、受け皿の角や端など、脂汚れのひどい場所にシュッシュとスプレーで狙い撃ち。スナップしながらシュッシュッと小気味よくかけます。

脂汚れのひどい場所にスプレーで狙い撃ち

パチパチ弾けて茶色い泡が!

網の汚れ部分にもちっと濃厚な泡がまとわりついて、パチパチと油汚れを分解する音が。料理の合間やほかの家事の間に手を汚さずスプレーできるので手軽ですね。

しつこい油汚れに、素早く浸透して分解するので1分待って水で洗い流し、軽くスポンジでこするだけでかなり落ちます。

1分待って水で洗い流し、軽くスポンジでこする

こんなに簡単にお手入れできるなんて!

爽やかな香りで消臭効果もあり、魚特有のニオイもスッキリ。このようにお手入れが簡単だと、魚料理の日も多くなって、家族も喜びそう。

実は、今まで魚焼きグリルを使った後はすぐに洗浄せず、しばらく放置していたので、その後一日中、魚特有のニオイが部屋全体に漂って、とても不快でした。これからは放置せず、すぐにお手入れすることで、それも防げそうです。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

しつこい油汚れにもう悩まない

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事