タイプ別最新ゴキブリ対策グッズ

直接退治は”スプレー”、隠れているゴキブリは”エサや煙”、殺虫剤を撒きたくないキッチンには”忌避剤”がおすすめ。

突然ゴキブリに出会ってしまったときのために、ゴキブリ対策グッズを用意しておくと安心ですよね。最新のゴキブリ対策グッズについて、ツルハグループで商品部門を担当する大久保潤一さんに聞きました。

ゴキブリを直接退治するスプレータイプの駆除剤

左:アース製薬「ナチュラス 凍らすジェットゴキブリ秒殺 200mL」 右:KINCHO「ゴキブリがいなくなるスプレー」

ゴキブリに出会ってしまったら、とにかくすぐに退治したいもの。

「ゴキブリ退治に役立つのは、スプレータイプの駆除剤。殺虫効果で瞬時に退治するもののほか、最近では、アース製薬『ナチュラス 凍らすジェットゴキブリ秒殺』のように、-85℃(※条件により異なる)の冷却効果で動きを止め、天然ハッカ油で殺虫するものが登場しました。

ゴキブリがいそうな隙間にスプレーしておけば1~2週間程度駆除効果が続くKINCHO『ゴキブリがいなくなるスプレー』などもあります」。

商品情報

「左:アース製薬「ナチュラス 凍らすジェットゴキブリ秒殺 200mL」(980円・税別) 右:KINCHO「ゴキブリがいなくなるスプレー」(980円・税別)」

巣や隠れているゴキブリも退治する、エサタイプ・くん煙タイプの駆除剤

アース製薬「ブラックキャップ 18個入り」

商品情報

「アース製薬「ブラックキャップ 18個入り」(880円・税別)」

ゴキブリが1匹いると、家全体には数十匹潜んでいる可能性があると聞きます。「ゴキブリをまとめて退治したいなら、アース製薬『ブラックキャップ』など、エサタイプの駆除剤が手軽ですよ。駆除剤を食べたゴキブリはその場で死ぬのではなく巣に帰ってから死ぬため、仲間がその排泄物や死骸を食べることで全体を撃退できます。また、くん煙タイプの駆除剤は、煙を部屋に充満させることで、隠れたゴキブリを追い出したり、ノックダウンさせる効果があります」。

くん煙剤は、使用前に火災報知機を切ったり、キッチン周りや電化製品などをカバーで覆ったりと、少々手間はかかりますが、使えば1~2カ月はゴキブリ寄せつけない効果を発揮します。

殺虫成分不使用! キッチンにも安心な忌避剤

アース製薬「ナチュラス 天然ハーブのゴキブリよけ」

商品情報

「アース製薬「ナチュラス 天然ハーブのゴキブリよけ」(698円・税別)」

ゴキブリの好物が多いキッチンは、衛生面も気になるし、出て欲しくない場所No.1。

大久保さんによると「忌避剤なら室内に置くだけで効果を発揮します。最近では、ゴキブリが嫌がるハッカ油など、植物から採取した天然精油成分配合の商品、アース製薬『ナチュラス 天然ハーブのゴキブリよけ』も登場しています」とのこと。

殺虫成分は不使用なので、小さい子どもやペットのいるお家、食品や食器、調理器具が置いてあるキッチンには最適ですね。

ゴキブリを発生されないための予防掃除をしておくのはもちろんですが、何種類かの対策グッズを用意しておけば、夏を安心して迎えられそうです。

※価格は取材時のものです。

取材協力、本文画像提供:ツルハグループ

メイン画像:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事