秋から初冬で大活躍!「綿ジャケット」はどう洗う?

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

肌寒くなってきたこの頃、温度調節にもってこいの綿ジャケット。普段からよく使うアイテムだからこそ、正しくメンテナンスして長く着たいですよね。

綿ジャケットであれば、自宅でのお洗濯も可能!自宅での洗濯方法をご紹介します。

洗濯コースは絵表示に沿って選ぶ

通常の綿ジャケットであれば、水洗いはOK。

タグを確認して、指示のとおりに洗っていきます。

sentakuki「洗濯機マーク」(新表示は)なら洗濯機の標準コースで、tearai「手洗いマーク」(新表示は)ならネットに入れて、ドライコースや手洗いコースなど水流の穏やかなコースを選びましょう。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

ジャケットにファスナーやボタンがついているなら、引っ掛かりを防ぐためにきっちり留めること。

使う洗剤にも気配りが必要

ジャケットの色が生成りやパステルカラーなら、アタックNeoなどの蛍光剤を配合していない洗剤、白や濃い色ならアタック 高浸透バイオジェルがおすすめだそう。

中性洗剤の指定があるなら、エマールが◎。

綿独特のごわつきを減らしてなめらかに仕上げたい場合は、柔軟剤を使うのもよいでしょう。

シワになりやすい綿ジャケットは脱水がキモ

綿100%のジャケットは、どうしてもシワになりやすいもの。しかし、脱水を短めにすれば、シワが軽減できます。

ドライコースや手洗いコースなら、脱水も短めに設定されています。

洗濯機で脱水が終わったらすぐに取り出し、シワを伸ばして形良く干すのもポイントです。ジャケットを大きくふりさばいてから軽くたたみ、シワを伸ばすようにたたいていきます。

肩などに厚みがあり、シルエットを崩さないジャストサイズのハンガーを使うのもコツ。干すときは縫い目を引っ張りながら伸ばし、形を整えるのをお忘れなく! 

色柄物なら、色あせを防ぐために陰干しするとよいでしょう。

どれも、大きな手間はかからないコツばかり。ポイントを押さえて、上手に綿ジャケットと付き合っていきたいと思います!

商品情報

スピードコースで汚れもニオイもスッキリ

ウルトラアタックNeo

センイの奥の汚れまですばやく届く高浸透洗浄成分配合

アタック 高浸透バイオジェル

洗濯ダメージを防いで洗えるおしゃれ着用洗剤

エマール

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事