奥の方に入り込んだゴミが取れないときは? 毛足の長いラグのスッキリお掃除テク

すっかり肌寒くなり、床の保温のため、そろそろ毛足の長いカーペットやラグを取り出そうと考えている人も多いのではないでしょうか? 

でも毛足の長いラグって、ゴミが奥に入り込んでしまうとなかなか取れないんですよね…。

それを放っておくと、アレルギーの原因ともなるハウスダストが増える原因にも。

でも正しいお手入れ方法をちゃんと知れば、それらをしっかり除去することができますよ!

いつもの掃除機がけに一工夫!

お掃除方法の基本は掃除機がけです。

しかしハウスダストをきれいに除去するためには、ただかけているだけではNG。

そこで、正しい掃除機がけのポイントを3つ紹介します。

ポイント1 モードは必ず強で

掃除機には強弱などのモードがありますが、カーペットの場合は必ずパワーモード(強)でかけるようにしましょう。

週3回以上のこまめな掃除機がけも忘れずに。

ポイント2 1m²あたり20秒以上

1平方メートルあたり20秒以上かけて丁寧にかけることが大切。

ヘッドは毛足を起こすようにゆっくりと動かしてください。

十文字に動かす

縦方向にかけたら次は横に向きを変えて、掃除機は常に十文字に動かすようにしましょう。

そうすることで、毛足の奥にまで入り込んでしまったハウスダストも吸い込むことができます。

ゴム手袋もお掃除に大活躍

意外かもしれませんが、カーペットのお掃除にはゴム手袋も大活躍してくれるんです。

方法はとっても簡単!ゴム手袋をはめてカーペットの表面を撫でるだけ。

すると、ゴムの摩擦によっておもしろいように髪の毛やホコリが集まります。

これならささっとキレイにできるので、急な来客などゆっくり掃除機をかけられないときに便利です。

それに使い古しのゴム手袋で繰り返し使えるので、経済的でもありますね。

掃除方法をちょっと変えるだけで、手軽にハウスダストを取り除けます。

ハウスダストをすっきり退治して、家族みんなが快適に過ごせる部屋を目指しましょう♪

 

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事