スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

ワイシャツは洗濯ネットに入れて洗うとシャキッと感が長続き!

洗うときは首周りをチェックし、たたんだままネットに入ると型崩れ防止に。着用前後の消臭スプレーも習慣づけましょう。

仕事上、ビジネススーツやワイシャツを毎日着ているという方も多いのでは?ここがシャキッとしているかどうかで「デキる感」に大きな差が出てきます。でも、毎回クリーニングに出したり、アイロンを掛けたりというのは、ちょっと大変ですよね。そこで、多くの男性にファッションのアドバイスをしている、スタイリストの大山旬さんに「デキる感」を演出するコツについて聞いてみました。

スタイルキープの基本は“清潔感”にあり!

まず、大山さんにビジネスファッションをキレイに見せるうえで大事なポイントについて伺いました。

「とにかく清潔感が重要。清潔感は、会う方に信頼感を与えることにも繋がります。また、流行や情報に敏感かを示すためにも、服のデザインは“今の時代らしいか?”を意識して選んでほしい。“今を生きているか”が大事なんです」。

たしかに清潔感は大事ですが、夏は汗をかきやすい季節。白いシャツはどうしても汚れが目立ちます。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

「洗濯の前は、とくにシャツの首回りが汚れていないかチェックしてほしいです。あとは襟などが型くずれしていないかどうかも重要です」。

なるほど、視線が集まりがちな首周りはしっかりチェックしたいですね。

シャツは洗濯ネットに入れて洗おう

では、大山さんはシャツをどのように洗っているのでしょうか?

「僕は、シャツをたたんでから洗濯ネットに入れて洗っています。具体的には、シャツに合うサイズのネットを用意し、シャツのボタンを上からいくつか留めます。そして、ネットの幅に合わせながら、シャツをたたんでからネットに入れます。たたみ方は、店頭に並んでいるような形をイメージすればOK。これでシャツの捻じれが少なくなり、シワがかなり防げるんですよ」。

面倒なアイロンの手間がネット1枚とちょっとしたコツで省けるなんて、やってみるしかないですね!

衣類用消臭剤は使用前後に使うのが◎

最近ではウォッシャブルスーツも登場していますが、水洗い不可のスーツもまだまだ多いですよね。あまり頻繁に洗わないビジネスファッションのケアについても、大山さんに聞きました。

「まず専用のブラシで繊維の逆向きにブラッシングしたあと、衣類用消臭スプレーを使うのがオススメです。使用前に使うことでニオイを予防し、使用後に使うことで消臭。これをルーティーン化してしまいましょう」とのこと。

さらに、玄関とクローゼットなど、複数の場所に衣類用消臭スプレーを用意して、すぐ手に取れるようにしておくのがポイントだそうです。

最後に、洗濯やケアが面倒だと感じる男性に向けてのアドバイスを伺いました。

「ケアをしないことで積み重なっていく、アイテムの劣化や印象の悪化といったマイナスの状態から挽回することの方が面倒くさいのでは?と僕は思います。無理なくできることからでいいので、日々のケアから始めてみてください。結果的にその方が楽に好印象を手に入れられますよ!」

 

自分で洗濯するときも、少し気を付けるだけで大きな違いが出てきます。自分で着るものだからこそ、愛着を持ってお洗濯してみてはいかがでしょうか?お気に入りのシャツもシャキッと仕上げておけば気分良く、仕事へ向かうことができるはず!

取材協力:ファッションスタイリスト 大山旬さん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

洗剤選びで仕上がりが変わります

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ