排水口の○○がゴキブリを寄せ付けていたなんて!効果的な対策とは?

遭遇すると思わず絶叫してしまうゴキブリ。こまめに掃除しているはずなのに、どうして彼らは出てくるのでしょうか?専門家に聞いてみました。

そもそもゴキブリが好む環境とは?

ゴキブリ駆除のプロ、株式会社アルバトロスの佐藤久さんによると、「ゴキブリは、暗いところ、狭い隙間、25℃以上の暖かい場所などを好み、湿気が大好きだと言います。特に、注意したいのが、キッチン」とのこと。

名称未設定-1

ゴキブリは、エサになるもののニオイに吸い寄せられてやってくるのだそう。「エサが豊富にあり、湿気の高いキッチンは、ゴキブリにとってまさに居心地抜群。発生率ナンバーワンの場所」と佐藤さんがいうのもうなずけます。中でも、排水口は要注意なんです!

排水口の“ヌメリ”はゴキブリの大好物

排水口が要注意な理由は、ズバリ“ヌメリ”。ヌメリとは、水アカや食材のカス、油分などが腐り、菌が繁殖して起こるもの。

「キッチンでは、生ゴミの汚れや油分が豊富なので、これが元になり繁殖していきます。このヌメリこそ、ゴキブリの大好物。だから、掃除をしたとしても、ヌメリをきちんと取り除かないと、意味がありません」とは、佐藤さん。

名称未設定-2

さらに「このヌメリの発生源の一つが菌。  だから菌が繁殖する条件の、高温・多湿・栄養が3拍子そろっている夏のキッチンの排水口は、そこからまた菌が増殖し、再びゴキブリが現れるという悪循環に陥ってしまいます」と言います。

ヌメリを根こそぎ除去してゴキブリ退治

では、どうしたら、そのヌメリを除去し、予防できるのでしょうか。それには、ヌメリを発生させる菌を除去することが大切。つまり、除菌することが重要なんです。それには、たった30秒で除菌・消臭できる「キッチン泡ハイター」がオススメ。スプレー式だから、排水口のカゴなどに吹きかけて流すだけでOK。さらにヌメリが発生してしまっても、5分おけば、さわらずにヌメリを除去できるんです。これらを上手に駆使して徹底的にゴキブリ対策を行いましょう。

まずは、「キッチン泡ハイター」を排水口全体にスプレー。排水口カゴの網目にも泡がしっかり密着。スポンジや歯ブラシでこする必要もありません。

hygokiA

さらに「パイプハイター 高粘度ジェル」を直接排水口に注ぎ、こすらず15〜30分置いた後、水で流すと、パイプの中のヌメリが除去できるほか、ニオイや詰まりもスッキリ。しっかり除菌・消臭することができます。

パイプハイター使用a

そして最後に、「キッチンハイター 除菌ヌメリとり」を排水口に置くのがおすすめ。水を流すたびに除菌効果を発揮し、ヌメリとニオイを予防してくれます。

hygokiB

こうして、徹底的にゴキブリをキッチンに寄せ付けない対策をしておけばもう安心。これからはゴキブリが出てから慌てないように、日頃から、キッチンのヌメリを除去・予防しておきたいですね。

取材協力:株式会社アルバトロス

写真:Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

排水口掃除の必須アイテム

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事