正しく理解し、上手に洗濯!「取扱い表示」の見方

国際規格の記号導入により最適な洗い方がより詳しく表示されている「取扱い表示」。記号を理解して、上手に洗濯しましょう。

2016年12月より、衣類等の取扱い表示が変更されました。これまでの絵表示とは、デザインだけではなく考え方も異なります。新表示は従来表示を単純に置き換えることはできません。記号を理解して、上手に洗濯しましょう。

家庭洗濯

取扱い表示旧表示

  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい
  • 液温は40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる
  • 液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい。洗濯機は使用できない
  • 洗濯処理はできない
  • 家庭では水洗いはできない

おしゃれ着用洗剤(エマール)では、または、のついた衣類(および「中性洗剤使用」の表記があるもの)が洗えます。

漂白

取扱い表示旧表示

  • 塩素系および酸素系漂白剤による漂白処理ができる
  • 塩素系漂白剤による漂白ができる
  • 酸素系漂白剤による漂白処理ができるが、塩素系漂白剤による漂白処理はできない
  • 漂白処理はできない
  • 塩素系漂白剤による漂白はできない

表示のあるものには、色物・柄物にも安心して使える酸素系漂白剤(ワイドハイター等)が使えます。

絞り方

取扱い表示旧表示

  • 該当なし
  • 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい
  • 絞ってはいけない

乾燥

取扱い表示旧表示

  • 洗濯後のタンブル乾燥ができる 高温乾燥:排気温度の上限は最高80℃
  • 洗濯後のタンブル乾燥ができる 高温乾燥:排気温度の上限は最高60℃
  • 洗濯後のタンブル乾燥はできない
  • 該当なし
  • 脱水後、つり干し乾燥がよい
  • つり干しがよい
  • 脱水後、日陰でのつり干し乾燥がよい
  • 日陰のつり干しがよい
  • 脱水後、平干し乾燥がよい
  • 平干しがよい
  • 脱水後、日陰の平干し乾燥がよい
  • 日陰の平干しがよい
  • 濡れつり干し乾燥がよい
  • 日陰での濡れつり干し乾燥がよい
  • 濡れ平干し乾燥がよい
  • 日陰での濡れ平干し乾燥がよい
  • 該当なし

アイロン仕上げ

取扱い表示旧表示

  • 底面温度200℃以下で(例:高温)アイロンがけができる
  • 210℃を限度とし、高い温度(180℃~210℃まで)でかけるのがよい
  • 底面温度150℃以下で(例:中温)アイロンがけができる
  • 160℃を限度とし、中程度の温度(140℃~160℃まで)でかけるのがよい
  • 底面温度110℃以下で(例:低温)アイロンがけができる
  • 120℃を限度とし、低い温度(80℃~120℃まで)でかけるのがよい
  • アイロンがけはできない
  • アイロンがけはできない
  • 該当なし
  • 該当なし
  • あて布を使用

業者によるクリーニング

取扱い表示旧表示

  • パークロロエチレン等の溶剤によるドライクリーニングができる

  • パークロロエチレン等溶剤によるドライクリーニングができる
  • 石油系溶剤でのドライクリーニングができる

  • 石油系溶剤でのドライクリーニングができる。
  • ドライクリーニングはできない
  • ドライクリーニングはできない
  • ウエットクリーニングができる ※クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げによる洗濯

  • ウエットクリーニングはできない
  • 該当なし

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事