スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

まだ汗ばむこの季節!Tシャツの「汗ジミ」をスピードコースで落とすには?

まだ汗ばむこの季節!Tシャツの「汗ジミ」をスピードコースで落とすには?

暑さが一段落しても、ちょっと体を動かしたり、緊張したりすると、ワキや背中に汗をじっとりかいてしまうもの。特にワキは、他の部分に比べて汗ジミやニオイが気になるので、できればその日のうちに洗濯してしまいたいですよね。そこで今回は、汗ジミをスッキリ落とす方法を紹介したいと思います。

汗ジミ汚れは、「ウルトラアタックNeo」でスッキリ落とす

汗ジミを残さないためには、洗浄力の高い洗剤を使って、その都度染み込んだ汗をキレイにしておくことが大切。「ウルトラアタックNeo」は、繊維のすき間に詰まった皮脂汚れをバラバラと分解して、スッキリ落としてくれるそうです。

さらに、洗濯時間が短いスピードコースでも標準コースと同じ洗い上がりだから、忙しい人にもおすすめ。さっそく「ウルトラアタックNeo」で洗濯してみます!

汗ジミが落ちきらずに繊維の奥に残っていると、黄色く変色したり、生乾きのときのイヤなニオイの原因になることも

脇の下、襟元などヒドい汗ジミができやすい場所には、直塗りがおすすめ!

ひどい汗ジミには「洗剤の“直塗り”」がおすすめ。まず、洗濯物の容量に合わせて洗剤を計量します。汗ジミができてしまった、ワキ、首周りなどに、「ウルトラアタックNeo」を直塗り!あとは他の洗濯物と一緒に洗濯機へ。

<気になる汗ジミの落とし方>

  1. 洗濯物の容量に合わせて洗剤を計量し、汚れが気になる部分に「ウルトラアタックNeo」を直塗りする。
  2. キャップに残った洗剤と他の衣類を一緒に洗濯機に入れて洗う。
直塗りした分の洗剤も洗濯中に溶けだすから、洗剤を追加する必要ナシ!

衣類の汗汚れが気になるときは、しっかり汚れが落ちているか不安で、標準コースで洗っていました。でも今回は試しにスピードコースで洗ってみたところ、標準コースは45分くらいかかっていた洗濯が、約20分で終了!時短が叶えられたうえに、気になる汗ジミもすっきりキレイに洗えていました。

汗ジミはその日のうちに、しっかりリセットするのが黄ばみにしないコツ。「ウルトラアタックNeo」があれば、汗ジミ悩みから解放されそうです。

イラスト:フカザワナオコ

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事