洗濯物が乾かず生乾きのニオイがする!秋の洗濯お悩み解決テク

洗濯物の乾きが遅い秋は、生乾きのニオイも気になります。抗菌効果のある洗剤を使って、干し方を工夫して解決しましょう!

日中外に洗濯物を干していても、夏のようにカラッと乾かないこの季節。秋は雨の日も多いので、汗っかきの中高生男子が2人いるわが家では、洗濯物の乾きが遅いのは死活問題!そこで今回は、秋でも洗濯物をカラッと早く乾かす方法を試してみました。

抗菌洗剤で、時短&生乾きのニオイもオフ

日照時間がだんだん短くなるこの時期は、できるだけ早くたくさん洗濯したいもの。そんな時は、「アタック抗菌EX Wパワー」がおすすめ。

アタック抗菌Neo EX Wパワー

ちなみに、洗濯物が乾くのに時間がかかると、ニオイの原因となる菌が繁殖しやすい状態になるそう。「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」は、抗菌・漂白成分が配合されているので、汗のニオイや生乾きのニオイの元となる菌も、抗菌。夏に比べて洗濯物の乾きが遅いこの時期は特に助かりますね。

干す時は、「空気の通り道」を作って、乾きやすく

洗濯物をできるだけ早く乾かすには、干し方にもコツがあるんです。コツは「空気の通り道」を作ってあげること。

<ハンガーを使って干す場合>

  • ハンガー同士の感覚を3~5cm程度空けて干すと、風の通り道ができるので、早く乾かすことができます。
  • 風によってハンガーが横滑りするのを防ぐために、物干し竿にかける時はハンガーを洗濯バサミなどで固定しておきましょう!

ハンガーを使って干す場合

<大きな物を干す場合>

タオルケットやシーツなどの大物は、なかなか乾きにくいですよね。そんな時は、対角線上の角を合わせて「三角干し」にすると、水滴が1か所に集まって乾きが早くなります。

大きな物を干す場合

ハンガーの隙間を開けて干すと、風が通りやすく、程よく揺れるのでよく乾きました。多少風が強い日は洗濯ばさみでの固定が必須ですね。タオルケットも三角干しだといつもより乾きが早くてびっくり。洗濯方法と干し方を工夫して、秋も賢く洗濯したいですね。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事