スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

ルーバー式の面格子のついた窓、掃除はどうやってすればよい?

換気に最適なルーバー面格子窓。お手入れ方法は、まず大きなホコリをブラシで払い、板を開閉しながら外⇒内に水拭きします。

キッチンや浴室、トイレなど狭い部分の換気窓として設置されていることが多い「ルーバー面格子窓」。面格子状の細長い板を何枚も拭かないといけないので面倒…とつい掃除が後回しになってしまいがちの方も多いのでは?そこで今回は、ルーバー面格子窓を掃除する方法を、おそうじ本舗の尾崎 真さんに聞きました。

<用意するもの>

  • 掃除機
  • ブラシ
  • 住居用洗剤
  • ぞうきん

【ステップ1】窓枠や留め具についた大きなホコリをブラシで落とす

「窓を開け、面格子を開いた状態にし、窓枠や両側の留め具部分についた大きなホコリをブラシで落としていきます。ホコリは濡れるとくっついて取れないので、水拭きはNG右手にブラシを、左手に掃除機のノズルを持ち、ブラシで払ったホコリを掃除機で吸い込ませていくと、効率的に掃除ができますよ」(尾崎さん)

【ステップ2】面格子の外側から内側の順番に掃除

「次に、汚れが強い外側の板を拭きます。板を開き平行の状態にして外側を拭きます。住居用洗剤(マイペットなど)を使って拭く場合は、洗剤拭き⇒水拭き⇒乾拭きの順番です。その後、面格子を閉めて内側を拭きます。外側はかなり汚れているので、内側を拭くぞうきんと分けたほうがいいですね。留め具でケガをしやすいので、ゴム手袋の着用は忘れずに」(尾崎さん)

パッと見はそこまでに汚れてなくても、留め具部分や溝には結構ホコリが溜まっているルーバー面格子窓。せっかく換気しているのに面格子に付いたホコリを巻き上げている…ということにならないためにも、定期的なお手入れを心がけましょう。

取材協力:おそうじ本舗

イラスト:はこちよ

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事