スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

取り外しができない「ロール網戸」の掃除方法とは?

  • card_43041_001

    意外と汚れているのが、収納ケースの中。開けて掃除機でホコリを吸い取りましょう

  • card_43041_002_r

    ロール網戸は、室内に設置されていて、乾いた汚れが多いので、乾拭きでOK

  • card_43041_003_r

    拭くときは、少しずつ引き出してネットをピンと張ると、拭きやすくなります

使わないときはケースに収納でき、すっきりとスタイリッシュな見た目の「ロール網戸」。しかし、一般的な「引き違い網戸」と違い、網戸自体の取り外しができないため、丸洗いできないのが不便なところ。そんな掃除がしにくく汚れを放置してしまいがちなロール網戸をすっきり掃除する方法を、おそうじ本舗の尾崎 真さんに聞きました。

まずは収納ケースを外すところから始めよう

ロール網戸を掃除しようと思ったとき、網の部分からとりかかろうとしていませんか?尾崎さんによるとまず、上部に注目してほしいとのアドバイスが。
「実は、ロール網戸の上部の収納ケースが開くのを知らない人が多いんです。収納ケースを開けてみると、中にホコリが溜まっていますので、それをまずは掃除機で吸い込みましょう。ホコリは水分を含むとダマになってこびりついてしまうので、必ず乾いた状態で取り去ることがポイントです」
収納ケースの開き方はメーカーによって異なるため、ロール網戸が自宅にある方は、説明書などをよく読んで取り外し方を調べてみましょう。

ロール網戸は水拭き不要。乾拭きだけでOK!

次に、ロール網戸はどんな拭き方をするとよいのでしょうか?
「窓掃除は水拭きの後に乾拭きが基本ですが、ロール網戸は室内に設置されており、比較的乾いた汚れが多いので、水拭きをすると逆に汚れが付着してしまいます。乾拭きだけのほうがホコリをキレイに取ることができますよ。それでも落ちない汚れがある場合は、ぎゅっと固くしぼった雑巾で水拭きをしてください」

確かに、中途半端に水拭きをしてホコリが目詰まりすると逆効果。また、ロール網戸の場合は強く拭くと破れる可能性があるので、やさしく拭くのがポイントなのだそうです。

網を拭くときは、少しずつ引き出しながら

最後に、ロール網戸の掃除でよくあるお悩みは、網がピンと張っていないため、ホコリや汚れが拭きにくいということ。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

「網の部分をすべて引き出した状態で拭くと、たわみがでてしまうので拭きにくく、汚れが残ってしまいます。ロール網戸の場合は、全て網戸を出し切ってしまうのではなく、ちょっとずつ出しながら拭いていくとやりやすいですよ」(おそうじ本舗 尾崎さん)

おしゃれだけど取り外しできないのが悩みどころだったロール網戸の掃除。掃除のプロ・尾崎さんに教えてもらった3つのコツを参考に、掃除してみてくださいね。

取材協力:おそうじ本舗

イラスト:はこちよ

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事