毎日使うものだからこそ定期的にお手入れを。こたつ掛けカバーのお洗濯法

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

冬の団らんに大活躍のこたつ。肌に直接触れるものだからこそ、いつも清潔にしておきたいところです。

そこで、自宅でもカンタンにできるこたつ掛けカバーのお手入れ方法をご紹介します。

STEP1 取扱い絵表示をチェック

「洗濯マーク」sentakuki (新表示では)があれば、洗濯機の標準コースで洗うことができます。

もし「中性」や「中性洗剤使用」の表示があれば、おしゃれ着用洗剤を。

なければ、きなりや淡い色のカバーであれば蛍光剤無配合の洗剤、それ以外のカバーは蛍光剤入りの洗剤を使用します。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

STEP2 コンパクトにたたんで「標準コース」で洗濯を

洗濯機に入るくらいにたたみ、洗濯機の標準コースで一気に洗い上げます。

部分的な黄ばみ、シミが気になる場合は、あらかじめ「ワイドハイターEXパワー ガンコなシミ用」を直接スプレーし、汚れが外側になるようにして洗濯機に入れましょう。

全体的に汚れている場合は、酸素系漂白剤を洗剤と一緒に入れて洗濯するのがおすすめです。

シミや黄ばみも落ち、消臭効果もばっちり!

STEP3 好みに応じてぱりっとのりづけを

ぱりっとした仕上がりにしたい場合は、のりづけしてみましょう。

汚れを落としやすくする効果もあります。

標準コースが終了したら、低水位で「洗い」と「脱水」にセットし、水がたまったらカバーに直接かからないように「キーピング洗濯機用のり剤」を入れて、のりづけします。

STEP4 日陰で風を通しながら、M字形にさらっと干して終了!

脱水後は、シワにならないようすぐに洗濯機から取り出します。

日光による痛みや色あせ防止のため日陰干しがベター。

さおを2本使い、M字型になるようにかけて干せば、風通しもよく乾きやすいですよ。

商品情報

色柄物に安心な酸素系漂白剤

ワイドハイター EXパワー

ガンコなシミ汚れも泡スプレーで手軽に落とせる

ワイドハイターEXパワー ガンコなシミ用

洗たく機でムラなくカンタンにのりづけができる乳液タイプののり剤

キーピング 洗たく機用のり剤

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事